幸坂理加アナ婚約 4歳下会社員と「アクション婚」

フリーアナウンサー幸坂理加(32)が21日、アシスタントを務めるTBSラジオ「ACTION」(月~金曜午後3時30分)の生放送で、4歳年下の会社員と婚約した事を発表した。

相手男性については、「パワフルな営業マン」で秋田の取材で出会ったという。共通の友人の結婚式でも一緒になり、さらに意気投合し交際に発展した。仙台との遠距離恋愛を続け、出会って約7年後に「お待たせしました」と花束とともにプロポーズを受けたという。

この日、幸坂アナはパーソナリティーを務める脚本家宮藤官九郎氏(50)とともに出演。同番組は今週で終了するため、幸坂は「彼が子供が大好きなので、早く授かって宮藤さんに子供の名前を付けてほしかった」と残念がった。宮藤から「ネットニュースに取り上げられるから、見出しになりそうなことを言いなよ」と促されると、番組名に掛け「『アクション婚』です」と名付けアピールした。

関係者によると、今年8月にプロポーズを受けた。大安でもある「いい夫婦」の日の11月22日に結婚届を提出する予定という。

幸坂アナは秋田県能代市生まれ。法大を卒業して、11年に秋田放送入社。昨年3月に退社してフリーになり、同年4月から「ACTION」に出演。来月4日からはTBSラジオ「MUSICS」(日曜深夜4時)のパーソナリティーを務める。

菅義偉首相(71)と同郷の秋田県出身で、同窓の法大卒。今年2月には、同窓で菅首相と40年来の交遊がある所属事務所「生島企画室」会長のフリーアナウンサー生島ヒロシ(69)、同郷の歌手藤あや子(59)とともに官邸で対面を果たしている。