ACL最多得点の興梠「これが今の浦和」決定機ゼロ

<ACL:浦和0-2アルヒラル>◇決勝第2戦◇24日◇埼玉

ACL最多26得点を誇る浦和レッズFW興梠慎三でも、ゴールは遠かった。

試合中にはFWファブリシオとポジションを替えるなど工夫しながらプレーを続けたが、自身の決定機はゼロ。今大会8得点でランキング2位も、最後は力の差を見せられた。「なにもできなかった。これが今の浦和の実力。今日の敗戦を忘れてはいけない」と唇をかんだ。

その他の写真

  • 浦和対アルヒラル 前半、ドリブルで切り込む浦和FW興梠(右)(撮影・足立雅史)