カズと対峙した16歳鳥栖中野J1歴代2位年少先発

<明治安田生命J1:鹿島-鳥栖>◇第9節◇8日◇カシマ

サガン鳥栖の16歳MF中野伸哉が、鹿島アントラーズ戦で初めて先発メンバーに名を連ねた。

16歳11カ月22日でのJ1リーグ戦スタメン出場は、04年のFW森本貴幸(当時東京V)の15歳10カ月14日に次ぐ歴代2位の年少記録となった。

 

◆先発限定のJ1年少出場記録

15歳10カ月14日 森本 貴幸(東京V)04年3月21日柏戦

16歳11カ月22日 中野 伸哉(鳥 栖)20年8月8日鹿島戦

17歳0カ月4日 堂安  律(G大阪)15年6月20日仙台戦

17歳0カ月18日 宇佐美貴史(G大阪)09年5月24日鹿島戦

17歳2カ月22日 久保 建英(横 浜)18年8月26日神戸戦

 

1日の第8節東京戦(味スタ)で途中出場し、J1リーグ戦初出場。5日のルヴァン杯横浜FC戦(駅スタ)でも途中出場し、37歳年上のレジェンド、横浜FCの53歳FWカズ(三浦知良)ともマッチアップした。