順大・橋本「忘れずに」赤いハチマキで箱根路に臨む

9年連続61度目の箱根駅伝出場となる順大が11日、千葉県印西市のさくらキャンパスで記者会見を開いた。

副将の橋本龍一(4年)は、赤いハチマキを手に会見場に登場した。今年6月、大学近くの千葉県印旛中で教育実習を行った際に、担当した3年生クラスの生徒から贈られた思い出のアイテム。教え子たちの直筆メッセージ入りで、実習の最終日にプレゼントされたという。

教育実習に行く直前までは、「最上級生になり、結果を出さなければという気持ちが強すぎた」。走ることについて気持ちに余裕がない状態だったが、担当クラスの生徒や陸上部員たちと触れ合う中で、「自分は陸上が好きなんだとあらためて気づかせてもらった」。精神的なターニングポイントになったと振り返る。

出雲ではそのハチマキを巻いて登場。全日本でもハチマキ姿で走るつもりだったが、前の区間の走者が想定以上に速く到着してしまい、つけるタイミングを逃した。走行中には「(集中して)ゾーンに入りすぎてしまった」ことが原因で、コースを間違えかけるシーンもあった。ハチマキ装着のタイミングも含めて、「全日本ではいろいろ学んだ」と笑う。

練習でも「体調が悪いときとか、たまに気合いを入れるために巻くことがある」という赤いハチマキ。汗でメッセージの一部が消えかかっているが、生徒への感謝の思いは消えることはない。「箱根では忘れずに巻きます」。教え子たちの思いも乗せて疾走する。

その他の写真

  • 教育実習の際に生徒から贈られた赤いハチマキを手にする順大の橋本(撮影・奥岡幹浩)