【虎のお家騒動⑤佐野仙好の頭蓋骨骨折】球界に2つの変革もたらす大激突

今年の阪神は騒がしい。矢野監督の退任表明に、開幕9連敗。過去にもいろいろありました。15年に掲載した大型連載「猛虎の80年」から衝撃の事件簿を復刻。第5回は「命をかけたキャッチ佐野頭蓋骨骨折」です。(2015年2月27日掲載。所属、年齢などは当時。本文敬称略)

傑作選

松井清員

阪神で統括スカウトを務める佐野仙好(63)は、25歳の春に生死をさまよった。

◆佐野仙好(さの・のりよし)1951年(昭26)8月27日、群馬県高崎市出身。前橋工―中大を経て73年ドラフト1位で阪神入団。三塁で入団後、77年外野に転向。81年セ・リーグの初代勝利打点王(15)。89年引退まで実働16年、1549試合、打率2割7分3厘。144本塁打、564打点。打撃コーチなどを経て、長年に渡りスカウト活動を行った。現在は野球解説者。現役時代は174センチ、78キロ。右投げ右打ち。

■全面コンクリート塀の川崎球場

1977年(昭52)4月29日の大洋戦。1点リードの9回1死一塁の守備だった。左翼の佐野が、清水透の大飛球を背走。好捕した次の瞬間、左前頭部から外野フェンスに激突した。当時の川崎球場は全面コンクリート塀。頭蓋骨を骨折し、血の泡を吹いて動かない姿に球場全体が凍りついた。

佐野 直前の打球をヒットにしてしまい、何が何でもの思いでした。その年、掛布選手が三塁に入り、4年目の私は外野にコンバートされて数カ月。打球に飛びつく内野の習性が出た未熟なプレーでした。みんな死んだと思ったみたいです。

中堅の池辺巌が大声で手招き。守っていた野手全員が佐野目がけて走った。

■唯一の記録 一塁から犠飛で生還

この時、別のざわめきが起きていた。

一塁走者の野口善男がタッチアップ。ほぼ無人の内野を駆け抜け、同点ホームを踏んだ。7~8分後、救急車が球場内に到着。監督吉田義男(81=日刊スポーツ客員評論家)は意識不明で搬送された姿を見届けた後、猛抗議した。

○…佐野の事故は球界に2つの変革をもたらした。阪神の提訴を受けたセ・リーグは77年5月12日に考査委員会を開催。1度は退けたが8月1日の日本野球規則委員会で再考。「選手の生命にかかわる負傷が生じた場合、審判はタイムを宣告できる」とする一文が野球規則に追加された。両リーグは全12球団の本拠地フェンスにラバーを張るよう通達。以後、全球場にラバーが設置された。

吉田 命に関わる状況ですよ。審判がタイムを宣告すべきケースで、少なくとも救援を呼んだ時点でボールデッド。得点は認められない。池辺が佐野のグラブからボールを取って送球していればとも言われますが、あんな状況では難しい。

審判団は「守備側選手の負傷はタイムを宣告できない」との規則を適用し、34分に及ぶ抗議を却下。阪神は提訴を条件に再開したが、7―7のまま終わった。

このプレーは今なお、一塁から犠飛で生還した唯一の記録として残る。その試合で逆転満塁弾を放っていた佐野。意識が戻ったのは、川崎市の太田総合病院の集中治療室(ICU)だった。

ファンが心配そうに見つめる中、救急車で運ばれる阪神佐野=1977年4月29日

ファンが心配そうに見つめる中、救急車で運ばれる阪神佐野=1977年4月29日

佐野 ボールを捕ったことすら記憶がない。複雑骨折でうなされながら痛がっていたようです。危険な状態が続いてICUに3日ぐらいいたのかな。目が覚めた時、先生に「野球できますか」と聞いた。でもあと十数ミリ下の眉間、急所がやられていたら、日常生活にも支障をきたしたそうです。

当たりどころ以外にも幸運が重なった。当日は祝日で休診だったが、当直が脳神経外科の専門で迅速な処置が施された。救急車を球場に入れる異例の対応も大正解だった。

■当直が脳神経外科医

佐野 試合を再開させるために、一刻も早く私を担架で外に運びたかったはず。でも救急車の到着までその場で寝かせてもらえた。専門の救急隊以外の担架で運ばれていたら、振動で頸椎(けいつい)を傷め「野球生命は終わっていた」と先生が話していました。

手術も回避した佐野は、奇跡の生還を果たす。事故から65日後の7月3日、甲子園のヤクルト戦で復帰。初打席で安田猛から本塁打を放った。そのまま左翼のレギュラーに定着。85年にはバース、掛布、岡田の後を打つ勝負強い6番として日本一に貢献した。引き分けでリーグVを決めた神宮での同点犠飛も佐野だった。

佐野 額のあざは消えましたが、首の方はひどいムチ打ちが2年ほど続きました。でもリハビリ中、体の不自由な方からのお手紙は励みになりました。「私は野球がしたくてもできない。どうか私の分も頑張って下さい」と。本当はあの日で終わっていた可能性が高かった。でもプロで16年もできて、日本一にもなれた。首回りは今も、月に数回の治療が欠かせません。その度にみなさんへの感謝をかみしめています。