【履正社から東洋大姫路 岡田龍生の流儀④】T―岡田と山田哲人 「RISEI」の学び胸に超一流へ

履正社(大阪)を夏の甲子園優勝に導いた岡田龍生監督(60)が、22年3月で退任し、4月から母校・東洋大姫路(兵庫)で指揮を執っています。履正社を全国有数の強豪校に作り上げ、オリックスT―岡田やヤクルト山田らプロにも人材を送り出しました。35年の在任期間を5回連載で振り返ります。(敬称略)

高校野球

堀まどか

思えば、人との出会いに支えられた35年間だった。1987年(昭62)の就任から22年3月までの在任中、岡田は多くの人と巡り合った。講師としての採用を認め、指導者への道をつけてくれた桜宮(大阪)の校長。監督不在の硬式野球部の窮状を伝え、桜宮から移るきっかけを作ってくれた、履正社OBの運動具店スタッフ。監督としてはまだまだ未知数の若い岡田に、教え子を託してくれた中学軟式野球部の監督。97年夏の甲子園初出場時は、野球の経験のない英語教諭に頭を下げ、野球部長でベンチ入りしてもらった。やがて神港学園(兵庫)で甲子園球児だった松平一彦が履正社の教員になり、野球部長に就任した。95年センバツは代打の切り札で8強入りに貢献し、大体大ではマネジャーでエース上原浩治(元巨人)らの活躍をサポート。アマ球界に精通した松平部長が岡田の右腕になり、履正社の躍進を支えた。

◆岡田龍生(おかだ・たつお)1961年(昭36)5月18日、大阪市生まれ。東洋大姫路(兵庫)では正三塁手だった79年センバツで4強。日体大から社会人の鷺宮製作所を経て、85年から桜宮(大阪)のコーチを務め、87年春に履正社監督に着任。夏は97年、春は06年に甲子園初出場。14、17年とセンバツ準優勝。19年の夏に優勝。主な教え子はオリックスT―岡田、ヤクルト山田哲、阪神坂本ら。保健体育教諭。

★「こんな中学生、おるんや」

多彩な才能にも巡り合った。衝撃を受けたのは岡田貴弘(T―岡田=オリックス)だ。

「評判を聞いていて実際に見に行ったら、これはすごいなと。こんな中学生、おるんやと。この子をプロに行かせることができへんかったら、もう中学生に履正社を志望してはもらわれへんわ、ぐらいに思っていました。選手を育てられへんな、という見方をされるやろうなと思って。だからTがドラフト1位で指名されて、ちょっとホッとしましたね」

打つことにかけては、T―岡田は驚異的な中学生だった。本物のホームラン打者だ、と岡田は確信した。

単に柵越えを打つだけではなく、外国人なみの飛距離を誇る打者になる。たとえチームが大差で負けていても、T―岡田の打席は最後まで見て帰ろうとファンに思わせるプロ野球選手になる。そう確信した。だが、打つだけの選手に育てるつもりはなかった。

左から大阪桐蔭・辻内、岡田、大阪桐蔭・平田、近大付・鶴。「浪速の四天王」と評され、全員ドラ1! でプロ入りした=2005年7月9日、大阪ドーム

左から大阪桐蔭・辻内、岡田、大阪桐蔭・平田、近大付・鶴。「浪速の四天王」と評され、全員ドラ1! でプロ入りした=2005年7月9日、大阪ドーム

「入学したときに『将来はどうしたいんや?』と聞いたら『絶対にプロ野球でやりたい』と。『それなら守備も走塁も必死でやらなあかんぞ』と話しました。彼がそれまで野球をやってきた中で、そういうことを言ってくれる人がなかなかおらんかったのかな。Tが打てば、みんな喜んでくれたわけです。ホームランを打てば、よそのお母ちゃんも指導者も。だからTは、打ったらほめてもらえる、評価してもらえると思っていたんでしょうね」

15歳の岡田は、監督の意図を理解した。守備も走塁も鍛えてこその一流と。

★「岡田先生らしいですね」

21年11月、京セラドーム大阪で行われたヤクルトとの日本シリーズ第1戦。スタンドの岡田は、一塁を守るT―岡田のプレーにハッとした。

「一、二塁間を抜ける打球に、頭から飛び込んだ。オリックスは若手が活躍していますが、岡田や安達君がベテランの立場で引き締めている。そういう立場の選手が捨て身のプレーをすることが、どれほど大事なことか。あの姿勢を忘れずにいてほしい」

恩師の感嘆を伝え聞いたT―岡田は「岡田先生らしいですね」と笑った。履正社に入学した春、岡田に言われたことを守り、自分なりに懸命に努力を続けてきたからこそ、今なおプロの第一線でプレーする選手でいられる。

21年日本シリーズでオリックスを下したヤクルトの中心打者、山田哲人も、岡田がプロに送った逸材だ。

初対面の印象は、T―岡田とはかなり違う。

「瞬発力っていうか、スピードは抜けてるなって思いました。でも、そんなに打てるようになるとは思ってなかったんです」

恩師の予想をはるかに超え、山田は3割30本30盗塁を3度も達成するトップレベルの選手に成長した。

★出会いを生かした山田

「タイミングよく、いろんな人と出会えているなと思うんです。山田の在学中に、Tらプロ野球に行ったOBが母校で練習できるようになった。オフのトレーニングを目の当たりにした。練習に取り組む意識も変わったと思います。ヤクルトに行ってからも(元監督の)小川GM、(打撃コーチの)杉村さん、そして守備、走塁を鍛え上げてくれた三木コーチ(現楽天2軍監督)。本当にそういう方々に出会っているんですよ、タイミングよく」

打って守れて走れてこそのトリプルスリー。そんな選手に山田を引き上げてくれた指導者たちとの出会いに、岡田は感謝する。ただ20代と若くしてトップ選手に上り詰めた山田のこの先が、岡田は心配だった。

就任30年の慰労会で。OBたちが駆けつけた=2017年12月28日、ANAクラウンプラザホテル大阪

就任30年の慰労会で。OBたちが駆けつけた=2017年12月28日、ANAクラウンプラザホテル大阪

選手を大事にするのがヤクルトのチームカラー。居心地のよさに、教え子が甘えてしまわないかと気がかりだった。だがキャプテンとしてチームを背負う山田の決断に、胸をなで下ろした。宮本丈(履正社―ヤクルト)の結婚式で出会った青木宣親らにキャプテン山田の評判を聞き、安堵(あんど)した。

「青木さんらに『よくやってますよ』と言ってもらえて。丈に『実際、どうやねん?』と聞いても『今までより若手に声かけたり、いろんなことを山田さんもしてますよ』という話やった。基本、そういうタイプの人間じゃないんで。そういうことができるようになったことは、すごい成長やなと。地位が人をつくるというか『やります』と手を挙げたからには、絶対にやりとげなあかんという気持ちがあったんと違いますかね」

★13人の伝道師

山田キャプテンが率いるヤクルトは昨年、日本一になった。山田は東京五輪で金メダルも手にした。日本球界ただ1人のトリプルスリー複数達成者で、野球界を背負うスターの一員であることを証明した21年。

「これからは野球界の発展にも力を尽くしてほしい。子どもの野球離れが進んでいる。小学校の指導者の方々が、めちゃくちゃ困っている。こういう危機はやがてはプロ野球にも影響してくるので」

春季キャンプで出会った生前の星野仙一が、野球界の将来を気にかけていた。いずれは星野にならい、球界全体を見渡し、その発展に力をつくす人材になる。それがスター選手の務めではないか、と岡田は願う。

「ぼくは基本、野球だけしとったらええって考え方ではないので。生徒として、社会人として、プロ野球選手としてちゃんとする。調子に乗ったらあかんと言ってきた。高校時代にそんなこと言われて、当時は『うるさいな~』と思ってるけど、ふとしたときに頭に浮かんでくるじゃないですか。こんなん言うとったな、みたいな。それをちゃんと持たせて卒業させたかったんです」

プロ野球の教え子は13人。4月1日から履正社監督を引き継いだ多田晃、東大阪大柏原の監督、土井健大(元巨人)も教え子。同じ指導理念で育てた生徒たちを、球界を含む多種多様な社会に送り出した。(つづく)