ロッチに聞いた 人前でネタを続ける理由 笑福亭鶴瓶にかけられた言葉とは

ストーリーズ

佐藤成

ボケの中岡創一(44)のどこか哀愁漂う姿と、コカドケンタロウ(43)の優しさあふれるツッコミで笑いを起こすお笑いコンビ、ロッチ。何げない日常のワンシーンを切り取ったネタが人気だ。コント一筋でコンビ結成17年目。互いに仕事の幅が広がり、多忙になっても毎年、オール新ネタの単独ライブを開催する。何千人とも言われるお笑い芸人の中で、テレビに出ているのはほんの一握りだ。「笑い」は日常生活にもあふれている。それでも2人は、“スベる”リスクがある中、人前でネタを続ける。その理由を探った。

   ◇   ◇   ◇

「じ~んせ~いは~、ぜんまいじ~かけ~。巻いた分しか~動か~ない~」。6月末に開催した単独ライブで「ボーカルオーディション」という設定で初披露した歌ネタの1フレーズだ。権利関係の問題でDVDには入れられず、テレビでもなかなか出しづらい幻のネタ。中岡は「今回来た人だけの共通項というネタですね。やれてよかった」。ボーカルオーディションにもかかわらず「語り」の部分が多すぎる自作曲を披露し、プロデューサーが強く指摘するも、最後には耳の残る先のフレーズを口ずさんでしまうというオチで爆笑をさらった。

単独ライブに向けて会議をする、左からロッチ中岡創一、コカドケンタロウ、放送作家の深見シンジ氏(撮影・佐藤成)

単独ライブに向けて会議をする、左からロッチ中岡創一、コカドケンタロウ、放送作家の深見シンジ氏(撮影・佐藤成)

手応えのあるネタを持ち込むテレビのネタ番組で、“スベるロッチ”を見ることはほぼない。年1回開催する単独ライブは、“唯一スベるロッチ”を見られる可能性がある場だ。単独前の取材で中岡が「今回も1つ怪しいものがある」とこぼしていたのが、この歌ネタだった。コカドも「めちゃめちゃ不安そうでした」とあまり経験がない歌ネタへのチャレンジを振り返った。

実はこの2人、コンビ結成前にともにお笑いから距離を置いた時期がある。中岡は完全にお笑いを辞めて、一般企業に就職。コカドも夢だった古着屋で働いた時期があった。

コカド 古着屋も毎日早く朝起きて行きたかったし、めちゃめちゃ楽しかったんです。でも絶対芸人のが楽しいなって。毎日芸人といたら楽しかった。もっと先の楽しさもあるやろうなと思ったし。それでまた芸人をやり始めたから、もうそれ以上はないかな。

中岡 なんすかね…普通に仕事してた時もそこはそこで楽しかったんすよ。たまたま芸人時代の友達だったコカドくんたちと一緒に沖縄旅行に行って、(コンビ組もうと)誘ってもらって、それでコカドくんにコントで一緒に出させてもらったという感じですね。なんかこうポンと芸能界にこう連れてきてもらった、お笑いの世界で入れてもらったなぐらいの感覚。

◆ロッチ コカドケンタロウ=1978年(昭53)8月8日、大阪府出身。175センチ。中岡創一(なかおか・そういち)=1977年(昭52)12月8日、奈良県出身。162センチ。05年に結成。コンビ名は、05年に日本一になったプロ野球「ロッテ」をもじって。コントを専門に09、10、15年には「キングオブコント」ファイナリスト。コンビでは現在、NHK・Eテレ「ロッチと子羊」(土曜午後4時30分)などレギュラー。

コカドは、幼い頃にテレビで活躍していた「若手芸人」という存在に憧れてこの世界に入った。中岡も、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」など活躍の場は広がっているが、あまり野心はないという。2人の目標は「正月のハワイ旅行で取材を受ける」だったが、すでに達成。「ずっと夢がかなってる感じが続いてる状態」だという。では彼らを突き動かすエネルギーとは何なのか?

中岡 お笑いってなんか特殊なんすよ、ドキドキが。あのスベるかもしれへんみたいな。ネタする前とか、トークする前とかのスベったらどうしようとか、ウケたら気持ちいいなとか。あんまりそれに代わるもんない。それが慣れないし、それが好きなんでしょうね、多分。「ウケる喜び+スベる恐怖」はなかなかですよ。1番なんか瞬間的に汗かけるというか、バーっと汗かくんですよ、信じられないぐらい。そういうのはもう僕はお笑いしか感じられないかもしれないな。

コカド たしかにウケた時の快感は後引きますね。ずっと家帰っても。ずっとウケた感覚が残ったまま、寝る前まであったりはしますよね。そんなことはそうないです。

中岡創一(左)の右足にはコカドケンタロウ(右)お手製の足カバーが。仲の良さがうかがえます(撮影・河田真司)

中岡創一(左)の右足にはコカドケンタロウ(右)お手製の足カバーが。仲の良さがうかがえます(撮影・河田真司)

2人にとって忘れられない言葉がある。笑福亭鶴瓶からかけられた「素人っぽさのプロや」。庶民的な感覚で日常を切り取るロッチをうまく言い当てている。

コカド うまくできないところもいっぱいあるから、芸人としてそこをマイナスに思ってたこともあるけど、鶴瓶さんのその言葉で救われた。自分たちで意識はしたことはないけど、なんかロッチらしさって、そうなんやって思えるようになりました。

「死ぬまでコントを続けたいか?」と聞いた。

中岡 いや死ぬまではやりたくないですよ(笑い)。なんかおじいちゃんとかなってても、自然に見られればいいと思います。高齢でコントやるって、設定も限られてくる。でもそれがもう本当に自然に見えたら、それはそれで最高かもしんないですね。

コカド なんか僕のイメージでは昔、コントは若者のやることみたいながあったんですよ。コントやってるおじさんには、おじさんやねんからやめたらいいのにって高校生のとき思っていたんです。自分たちがそうなってみたら、僕が思ってたあのおじさんがやってたコントとは違うぞって勝手に思ったり、まだそうなってないぞっていう。客観的に見られないのかもしれないですけど、それが無理してやってる感じになるならやりたくないですね。

2人が正月ハワイ旅行に行ったときのこと。当時は、現地のホノルル空港で待ち構えるマスコミ対応も含めて1つの恒例行事だった。ところがロッチの2人は、パッケージツアーでハワイ入りしており、取材対応中に団体のバスでホテルへ向かう時間が来てしまったという。中岡は「それでしかいけないと思うてたんで」。コカドも「芸能人っていい席を自分でとって飛行機で行っているって知らんかったんです」。リアリティーや庶民感覚を大切にする、実にロッチらしいエピソードだ。

そんな2人が、20年以上魅了され続けている芸人という職業。多くの人を笑わせる快感を一度でも味わうと、なかなか辞められなくなるのかもしれない。2人の新たな夢はハワイで単独ライブを開くこと。ぜんまい仕掛けをギュッと巻き、夢の続きを見に行こう。