【23回忌の「最強」を語る】ジャンボ鶴田の言う通りだ、と天龍も言っていた/谷津嘉章

全日本プロレスで活躍したジャンボ鶴田さんの「23回忌追善興行」が5月31日、東京・後楽園ホールで開催される。00年5月に肝臓移植の手術中に49歳で亡くなった。数々の記録に加え、リング上での余裕の姿勢で「完全無欠のエース」と称された。76年モントリオール五輪にレスリングで出場、全日本時代には鶴田さんと「五輪タッグ」を組んだ谷津嘉章(65=フリー)が、その強さや魅力を語った。

バトル

勝部晃多

72年、ジャイアント馬場と入門時のジャンボ鶴田

72年、ジャイアント馬場と入門時のジャンボ鶴田

ジャンボ鶴田(つるた) 本名鶴田友美。1951年(昭26)3月25日、山梨県生まれ。中大在学中にレスリング選手になり、72年にグレコローマンスタイルでミュンヘン五輪に出場。同年、ジャイアント馬場さんの勧誘で全日本入り。日本人初のAWA世界ヘビー級王座獲得などエースとして活躍した。のち筑波大大学院でコーチ学を学び、99年、ポートランド大客員教授。同年5月にプロレスラー引退を表明。00年5月、フィリピンでの肝移植手術中に大量出血し、49歳で死去した。全盛期の身長体重は、196センチ、127キロ。

全日本プロレス時代の谷津嘉章

全日本プロレス時代の谷津嘉章

谷津嘉章(やつ・よしあき)1956年(昭31)7月19日、群馬県明和町生まれ。レスリングフリースタイルで76年モントリオール五輪8位。80年モスクワ大会は日本のボイコットで不参加。「幻の金メダリスト」と呼ばれた。同年に新日本プロレスでデビュー。全日本などさまざまな団体を渡り歩き、ジャンボ鶴田さんとの「五輪コンビ」で88年に世界タッグ初代王者となる。糖尿病による壊疽(えそ)で19年6月に右足膝下切断も、21年6月に義足レスラーとして再デビューを果たす。同年には東京五輪の聖火ランナーも務めた。186センチ、115キロ。

全日本横浜大会 天龍源一郎(左)にパイルドライバーを見舞うジャンボ鶴田=1990年4月19日

全日本横浜大会 天龍源一郎(左)にパイルドライバーを見舞うジャンボ鶴田=1990年4月19日

――ジャンボ鶴田さんの強さとは

谷津嘉章 自分と同じアマチュアレスリングの出身で、五輪にもグレコローマンの代表で出ているんだけど、どちらかというと彼のバックボーンはバスケットボールだよね。高校でインターハイまで行くんだから、ただものではない。そんな大きな世界から、競技人口の少ないマニアックなレスリングに入ってきた。その時点で可能性はすごくあるわけだから、活躍も必然だった。

――具体的な強さはどこにあったのか

谷津 とにかく体の力がすごい。持久力とジャンプ力。そして、懐が大きいんだよ。身長も大きいから、頭を持たれてしまったら手をばたばたするしかないような感じだよね。極端に言えば、攻撃が無効化されるような感じ。

――ベストバウトは

谷津 印象に残っているのが、85年11月に鶴田さんと長州さんが対戦した大阪城ホール。60分一本勝負で引き分けに終わった。この試合はセコンドとして間近で見ていたんだけど、本当にすごかった。鶴田さんは最後まで、全くバテなかった。

全日本武道館大会 三冠ヘビー級選手権 三沢を下し三冠王座を防衛し、ベルトを巻きバンザイするジャンボ鶴田=1991年4月18日

全日本武道館大会 三冠ヘビー級選手権 三沢を下し三冠王座を防衛し、ベルトを巻きバンザイするジャンボ鶴田=1991年4月18日

――「日本人最強レスラー」とも呼ばれた

谷津 でも、鶴田さんが「最強」なのは、体力だけではない。ただプロレスをやっていただけじゃないんだ。本当にすごかったのは、計画を持ってやっていたところ。体力的にもフィジカル的にもすごかったかもしれないけど、彼の考え方は誰にもまねできないね。

――どんな考え方なのか

谷津 初めて鶴田さんに会った時から、ほかの人とは違う考えを持っている人だと実感させられたんだ。あれは、新日本時代の82年。テキサスに行った時に、全日本の本隊と会った。馬場さんにあいさつに行ったんだよ。そしたら「おい! ジャンボ」と、鶴田さんを呼んで紹介してくれた。もちろん名前も知っていて、同じアマチュアレスリングあがりだから、会えばツーカーなのもわかっていたけど、それが初対面だった。「お! やっちゃん。テレビで見ているよ」と、鶴田さんも言ってくれたね。その日は、馬場さんの粋な計らいで、鶴田さんと一緒にホテルに泊まることになったんだ。その日は一晩中いろんな話をした。アマチュア時代の話とかね。鶴田さんは芯の強い人だった。その中でもよく覚えている話があるんだ。「プロレスラーってね、やっちゃん。確かに、もうかるよ。普通のサラリーマンには味わえないぐらいもうかる。でもね。体は1つしかないんだ。老いちゃった時には誰も面倒を見てくれない。だから、お金があっても使うな」と。「『ケチだ』といわれても、どっちみち一生付き合う人間じゃない。プロレスラーなんて引退したら付き合わなくなってしまうんだ。だから、心を鬼にしてお金をためなさい」と、そう言われた。なるほどなと思ってね。

全日本練習 練習場に向かうバスの車内でジャンボ鶴田(左)と談笑する天龍源一郎=1976年

全日本練習 練習場に向かうバスの車内でジャンボ鶴田(左)と談笑する天龍源一郎=1976年

――「サラリーマンレスラー」とも形容される

谷津 自分の信念に忠実だったね。相反する人が天龍源一郎だった。常に反骨精神で「なんや! ジャンボが」と言っていた。「どんどん食え。持っていけ」、とね。当時は親分肌というか、そういう男っぷりを持ち上げられる時代だよね。でも、そのことは鶴田さんもわかっていたのに、そうしようとはしなかったし、ある程度の収入があっても浪費しなかった。逆に、給料で東京・砧に道場を買って、選手を住まわせて家賃収入を上げていた。選手からお金を取っていたんだよ。天才的だね。

――87年から90年にかけて抗争を繰り広げた天龍も、現在は鶴田さんを認めている

谷津 天龍さんが最近言っていたんだけど「ジャンボ鶴田はすごいな。やっぱりかなわない」と。誰に何を言われても関係ない。普通の人ならそんな風(ケチ)に思われたくないから、「少しくらいは(お金を使っても)いいか」と思うだろうけど、鶴田さんはそういうのが一切ない。あの天龍さんが言っていたよ。「何も残らなかった。やっぱり鶴田さんの言う通りだった」ってね。

――谷津とは「五輪コンビ」を結成した。初代世界タッグ王座を獲得し、世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝した。タッグパートーナーとしてはどうだったか

谷津 生い立ちはアマチュアレスリング。だから鶴田さんと気持ちは同じだし、よくわかった。87年に維新軍を辞めて長州さんと離れた後、鶴田さんと五輪コンビを組んだ。長州さんとやるよりずっとやりやすかった。俺のことをすごくリスペクトしてくれて特徴もわかっているし、2人でやるコンビ技も全部鶴田さんが考えてくれた。言葉の滑舌がはっきりしていたからわかりやすかったしね。「やっちゃん、はい。上にあがってー!」って。「これやる」とか「あれやる」とか全部指示してくれて。アイデアマンだからね、俺からすれば「こんなにプロレスって楽なのか」って思わされるくらい楽だった。昔、よく言われていたんだけど「鶴田さんは本気にならない。いつも笑っている」って。でも、あの人はあの顔が本気なんだよ。真剣にやればやるほど、あの顔になる。彼のことを知れば知るほどわかるようになった。

ジャンボ鶴田さんの墓石

ジャンボ鶴田さんの墓石

――5月13日が命日。23回忌を迎えた

谷津 早いもので鶴田さんが他界してから22年。今こうやって話してみると、すごくいろいろな思い出があるけど、全部覚えていますよ。もし鶴田さんが生きていたらプロレス界はどうなっていたんだろう? そういうふうに考えると、惜しい人材をなくした。鶴田さんは永遠の若大将。そして学級委員長。優等生です。

――プロレス界の発展に欠かせない人物だった

谷津 鶴田さんがもし生きていたら、今頃は選手会ができてコミッショナーができて、もっともっとプロレスのステータスを上げられたんじゃないかな。今、日本は危険な技も解禁になっている。誰かが歯止めをかけないと、これからますます大けがを負うレスラーが出てくる可能性が高い。ルールの中で競い合う。ルールの中で新しい技を生み出す美学もある。それがスポーツだからね。そう、鶴田さんなら言ってくれると思う。

インタビューに応じる谷津嘉章

インタビューに応じる谷津嘉章

――5月31日の23回忌記念興行に出場する

谷津 鶴田さんがテーマソングに乗って、リング上に降臨するんじゃないかな。俺も五輪コンビのジャケットを新調して試合に出るよ。それで少しでも鶴田さんに近づければいいね。(6人タッグなので)プラス1で(チームが)が4人になっちゃうけど、鶴田さんとタッグでやれるような環境をイメージして試合に臨みたい。当日になれば、もっと鮮明に、そばに鶴田さんがいると実感できるんじゃないかと思うね。