リオデジャネイロ五輪卓球女子団体で銅メダルを獲得した日本代表の伊藤美誠(15=スターツ)。その強さのルーツは、大阪市北区にあるビルの1室にあった。関西卓球アカデミーと称する私塾。4年前の5月に女子日本代表の村上恭和監督(58)が立ち上げた。

 チーフコーチは村上監督の近大時代の恩師、大内征夫(ゆきお)さん(74)が務める。中国人コーチも4人在籍。伊藤はそんなドリーム塾の門を大阪・昇陽中入学時にたたいた。大内さんは当時のことを懐かしそうに振り返った。

 静岡・磐田市から母美乃りさんと専任の松崎太佑コーチと3人で大阪へやって来た。小学6年で進路を決める時、伊藤の母が村上監督の助言を得て大阪の地を選んだ。大内さんは伊藤の第一印象を「ずばぬけて技術が高い、フットワークがいいというのはなかった。でも普通の子とは全く違った」と感じたという。

 練習を始めて、大内さんはすぐに気付いた。卓球は練習中に相手を重んじる風潮がある。一定のコースでラリーをしている時にはコースを変えない、という暗黙のルールがあった。しかし、伊藤はチャンスボールが来れば容赦なく決めにいった。まるで試合中と勘違いしているのではないかと周りが疑うほど入り込んでいた。

 大内さんは「40数年間指導者をしているけど、こんな子は初めてだった」。練習相手の生徒たちには「バカにされている」と思わず泣きだす子もいた。大内さんは「合宿に行っても、みんな『美誠はラリーしてくれない』と一緒に練習したがらなかった。私も最初は注意しようかと思った。でも、これが伊藤美誠なんだと思って、子どもたちに『美誠はバカにしているんじゃない。真剣なんだ』と話をしました」。

 友達が泣きだしても、練習で嫌がられても、伊藤は全く気にしていなかった。むしろ、ニコニコ練習を続けた。大内さんは「美誠が試合で勝ちだして、全国から指導者がどんな練習をしているか見に来た。でも、ヘラヘラ笑いながら練習をしているからよく勘違いされていた。美乃りさん(伊藤の母)が他の指導者から『どんな教育してるんだ』と怒られていたみたい」。

 今までの常識を打ち破る性格。だからこそ、卓球部が立ち上げられたばかりの昇陽中に進学した。歴史がなく、指導の型もない。「自由だからこそ美誠の良さが出る。美誠には(同中が)一番合ったんじゃないかな。卓球界の革命児ですから」。昇陽中高と関西卓球アカデミーは提携している。まだ中学校に練習場はなく、同アカデミーで毎日3時間みっちり練習してきた。今春に昇陽高に進学してからも、世界ツアーや強化合宿の合間を縫って同アカデミーに顔を出し、原点に返る。

 創設して4年で五輪メダリストの誕生。大内さんは「本当によく頑張ったと言いたい。帰ってきたら、メダルを見せて欲しい」。伊藤にとって立ち返るべき場所があることが、精神的な支えになっていることは間違いない。【小杉舞】

 ◆関西卓球アカデミー 2012年5月に、女子日本代表の村上恭和監督がプロデュースし、大阪市北区に創設。世界最強の「打倒中国」を目標に掲げる。トップスクール生には伊藤美誠を含め、13人が在籍。日本代表経験がある森さくら(日本生命)を輩出した。親の練習介入や、専任コーチをつけることも認めている。