日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

祐一983勝「天才」父に1年遅れで並んだ

インタビューに応える福永祐一騎手
インタビューに応える福永祐一騎手

 福永祐一騎手(31)が27日、阪神4R新馬戦で通算983勝目を挙げ、元騎手で希代の天才と呼ばれた父洋一氏(59)の記録に並んだ。79年3月の落馬事故でジョッキー生命を絶たれた父の背中を追い続け、デビュー13年目、8811戦目で悲願を達成。28日も引き続き阪神で騎乗し、名実ともに洋一氏を超える日を目指す。

 スタンドから大歓声が上がった。1番人気のリーティラが直線で外に持ち出され、一気に脚を伸ばす。福永祐一は確信した。「勝てる」。後続に1馬身 1/4 差をつけてゴール。ついに待望の983勝目を手にした。

 「おめでとう!」。祝福の声が舞う中、祐一は照れくさそうにウイナーズサークルに立った。「福永洋一の息子でなければ、騎手の道を選んでいませんでした。その背中をずっと追いかけてきましたが、勝ち星が並んだからといって胸を張ることはできません」。 父洋一氏は68年にデビューし、3年目の70年から9年連続で全国リーディングを獲得。71年菊花賞(ニホンピロムーテー)を皮切りにG1級8勝を挙げ、希代の天才ジョッキーとしてファンをわかせた。しかし、79年3月4日の阪神で983勝目を挙げた後、毎日杯で落馬。脳挫傷を負い、生死の境をさまよった末に一命は取り留めたが、脳障害が残り再起不能となった。今でも体は、思い通りに動かない。それでも懸命に生きる偉大な父を祐一は追い続け、そして並んだ。

 ただ、洋一氏の騎乗数5086戦(勝率1割9分3厘)に対し、祐一は8818戦(同1割1分1厘)。「乗れば乗るほど、おやじの存在は遠くなる。一生超えられない」と本音をもらす。とはいえ、向上心は忘れない。父の柔らかで的確な手綱さばきを、ビデオで何度も研究し、実践してきた。昨年終盤からは騎乗スタイルの転換に取り組む。「ムチの入れ方、追い出すタイミング、騎乗姿勢と、いろいろ変えた。自分のものになる、まだ馬乗りでやれると思えてきた」。

 今、天才のDNAが新たな力を生み出そうとしている。「これからが、ボクのキャリアになるんだ」。さらなる進化を見据え、祐一は自らの道を歩み続ける。【鎌田優】

 [2008年9月28日9時43分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです