日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

関西は川須がホープ賞 2年目で躍進91勝

日記を書く

 日刊スポーツ新聞社制定、日本中央競馬会協賛の「中央競馬騎手年間ホープ賞」の選考委員会が26日に開かれ、関西ではデビュー2年目の川須栄彦騎手(20)が受賞した。昨年18勝の5倍以上となる91勝を挙げ、全国リーディング6位(関西4位)へ躍進。5年前の夏まで馬に触れたことすらなかった野球少年が大ブレークを果たした。川須は「騎手人生で大事な1年だと思ってました。支えていただいたみなさんのおかげです」と感謝を口にした。

 飛躍のステップとなったのは故郷に近い小倉だった。フリーとなった今年、1~4月の開催で23勝をマーク。「スタートダッシュを決められたのが大きかった」。周囲の見る目が変わった。騎乗数が飛躍的に増え、その分だけ腕を上げた。過去に武豊、福永、三浦の3人しかいない2年目での通算100勝を達成。小倉では40勝で年間リーディングも獲得した。大事にするのは自分の感覚だ。「こう乗ろう、とは決めず、ゲートを出てから自分の感性で乗った方が結果が出ている気がします」と明かす。来年は重賞初制覇やG1初騎乗も視野に入る。超新星からスターへ。まばゆい輝きを放つ20歳から目が離せない。

 ◆川須栄彦(かわす・はるひこ)1991年(平3)11月9日、福岡県生まれ。07年4月に競馬学校騎手過程に入学。同期には高倉や平野らがいる。本田厩舎所属で昨年3月にデビュー。同年12月にフリーとなる。1年目は18勝で全国リーディング55位。通算成績は1237戦109勝。157・6センチ、45・5キロ。

 [2011年12月27日8時49分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞