川崎フロンターレが、息の合ったコンビプレーで、鹿島を抜き、首位の座を手にした。

0-0の後半ロスタイム。引き分けの雰囲気が漂う中、獲得した右CK。キッカーを務めたのは途中出場のMF小塚。「(谷口)ショウ君が飛び込んでくるのは分かっていたのでニアを狙った」と精度の高いキックを狙い通りにニアサイドへ。走り込んだのは、DF谷口だった。

殊勲の主将は「あのシーンは何が何でも1点が欲しかった。信じて飛び込んで、(小塚)カズもいいボールをくれて何とかねじ込んだ。角度もあまりなく、先に触ろうと思った」とヘディングをぶち込んだ。

土壇場での劇的な決勝点。キャプテン谷口の今季初得点で、リーグ戦4連勝をたぐり寄せた。

「やはりトップに居続けたい。最後の最後に立たないと意味がないが、追われる立場でも倒していく。昨年までの経験がある」とリーグ3連覇へ向けて、気合を入れ直した。

目標としていたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は1次リーグ敗退。小塚は「ACLでタイトルを一つ失っているので、リーグは何が何でも落としてはいけない。目の前の試合に集中して優勝できればいい」と先を見据えた。