日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


山田裕仁ダービーで引退 GP3勝の名手

名古屋ダービーで引退することになった山田裕仁
名古屋ダービーで引退することになった山田裕仁

 KEIRINグランプリ(GP)を3度制覇し、G1・5勝を飾った山田裕仁(45=岐阜)が明日18日に開幕するG1名古屋日本選手権競輪を最後に選手生活を終えることが16日、明らかになった。

 88年にデビューした山田は、きれいなフォームから繰り出す自力とクレバーな走法でS級上位に定着。97年のGP制覇を皮切りに数々のタイトルを手にした。

 しかし、近年は思うような成績を残せず、2年前、ホームバンクの大垣G3にあっ旋されなかったことが引退の引き金になったという。昨年の大垣G3で決勝に進んだあと「もう、地元G3を走ることはない」と引退をにおわせていた。

 今回、日本選手権を最後にするのは「本当は大垣G3がラストと思っていたけど、望外の決勝に乗ってまだいけるんじゃないかなと思って。で、いい区切りでしょう。もちろん、走る以上は勝ち上がりたい。最終日まで残るには初日が肝心だから」とラストランに懸ける意気込みを語った。

 ◆山田裕仁(やまだ・ゆうじ)1968年(昭43)6月18日、岐阜・大垣市生まれ。競輪学校61期生で88年5月に向日町でデビュー。97、02、03年のKEIRINグランプリ優勝や、G15回制覇など通算優勝110回。通算成績は2107戦612勝。通算獲得賞金19億1701万9099円。

 [2014年3月17日11時18分 紙面から]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞