日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

逆転劇に「私がハギワラ・アユミで~す!」

1位でゴールする日本のアンカー萩原歩美(共同)
1位でゴールする日本のアンカー萩原歩美(共同)

<陸上:青木半治杯2014国際千葉駅伝>◇24日◇千葉県総合スポーツセンター陸上競技場発着◇6区間(男女各3区間)42・195キロ◇天候=曇り、気温15・3度、湿度68%、北東の風1・1メートル(午後1時7分スタート時)

 日本が2時間5分53秒で、5年ぶりの優勝を果たした。男女混合となった07年以降では07年、09年に続く3度目の優勝となった。

 1区で8位と出遅れながら、2区以降は粘りの走りで2位につけた。迎えた最終6区のアンカー萩原歩美(ユニクロ)が、逆転劇を呼び込んだ。先頭のケニアに8秒差でスタート。追いつき並走、再び離される展開も冷静だった。

 4・3キロ付近の上りでスパート。「(アップダウンの激しい)きついコースで不安もあったけど、ケニアの選手があまり動いていない。これは勝てるなと思った」と話すように、その差をグングン広げ最後は200メートル近くの差をつけてフィニッシュした。

 大会前に注目された双子の村山兄弟に発奮。場内インタビューでは「村山兄弟が大会前にガンッと(話題を集めて)来たので、私もいるぞ! 忘れるな! と思いました。私がハギワラ・アユミで~す!」と絶叫調で話し、爆笑を誘っていた。

 [2014年11月24日19時13分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞