阪神を戦力外となっていた高山俊外野手(30)が、来季から日本野球機構(NPB)のイースタン・リーグに参加するオイシックス新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団することが5日、正式に決まった。同球団から発表された。

球団を通じて「このたび、オイシックス新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団させていただく事になりました高山俊です。まず初めに私に野球をする環境を与えていただいた新潟球団にとても感謝しております。私が入団するにあたり、今季でこのユニホームを脱ぐことになった選手の思いも背負い、全身全霊でプレーさせていただきたいと思います。新潟の皆さん、是非球場に足を運んでいただき共に新潟を盛り上げていきましょう」とコメントした。

阪神日本一の裏で、今季は1軍出場なし。11月15日に行われた12球団合同トライアウトでは5打数2安打2四球1盗塁で存在感を見せていた。「泥くさくしがみつく姿だったり、本当にもう自分の今持ってる力を出そうと思ってました」と現役続行へ強い思いを明かしていた。

栄光に彩られた道を歩んできた。日大三高では2年春にセンバツ準V、3年夏に全国優勝。明大でも1年春からベストナイン6度、通算安打記録も塗り替えた。2球団競合のドラフト1位で阪神に入団し、新人王を獲得した。しかし、プロ3年目から打撃不振もあり、出場機会が激減。「もう失うものもない。悔しがっててもしょうがない」とプライドを捨てて、野球に向き合ってきた。

新潟で結果を残せば、NPB12球団への返り咲きの可能性もある。16年のセ・リーグ新人王が、甲子園から遠く離れた地で再スタートを切る。

◆高山俊(たかやま・しゅん)1993年(平5)4月18日生まれ、千葉県出身。日大三(東京)3年夏の甲子園で優勝。明大に進み、通算131安打は東京6大学最多。15年ドラフト1位で阪神入団。1年目の16年に当時の球団新人記録を更新する136安打を放ち、新人王を受賞した。181センチ、87キロ。右投げ左打ち。