TBS武田信二社長の定例会見が27日、同局で行われた。バラエテイー番組「水曜日のダウンタウン」を担当する制作会社ディレクターが児童買春で逮捕される不祥事があったことを明かした。

 伊佐野英樹編成局長は「スタッフの逮捕は事実。社員ではありませんが、非常に遺憾。制作会社からの申し出を受け、すでに番組からは外れていると聞いている」。今後の対策について「人間としての問題で、引き続き正してやっていくということ」とした。

 また、8月にメディアビジネス局の担当部長が危険ドラッグ所持による医薬品医療機器法違反と傷害の疑いで書類送検された件について、8月28日付で懲戒解雇処分としたことも明らかにした。武田社長は「報道機関であるテレビ局の人間がこういう事件を起こし、極めて遺憾。おわび申し上げたい」と謝罪した。