NMB太田夢莉が卒業公演「誰しもいつか旅立つ」

NMB48太田夢莉(19)が30日、大阪・NMB48劇場で卒業公演を行った。

MCで、公演前にメンバー全員に手紙を書いたといい「みんなに嫌がられないかなって思いながら。書き出したら全員分を何も迷うことなくスラスラ書けた」と明かした。集まったファンに「今日、メガネの人多くない? ずっとまぶしいと思ってた。メガネ歓迎卒業公演や」と笑わせた。

ユニットコーナーでは、森田彩花(24)と西沢瑠莉奈(20)と3人で「Hell or Heaven」を披露した。

アンコールでは太田が最初で最後のセンターを務めた22枚目シングル「初恋至上主義」や、同シングルに収録されたチームNの楽曲「ごめん愛せないんだ」などを披露。会場は「ゆーり」コールに包まれた。

卒業セレモニーでは「虹の作り方」を選曲し、公演メンバーと同期の3期生で披露。花束や花冠、卒業証書、アルバム、色紙をプレゼントされた。

太田は「さみしいとか卒業するんだなと実感はできるけど、実感してしまうとさみしい卒業公演になってしまうなと思って、ここ数日、自分は卒業しているかのような気持ちで、楽しもうと思って今日来ました」とあいさつ。「人の卒業と自分の卒業ってこんなに感覚が違うんだな」と話した。

神戸・ワールド記念ホールで行われた25日の卒業コンサートでは6000人を動員。「幸せ者で、最近笑いが止まらんくらい幸せなんです」とファンやスタッフ、メンバーに感謝した。

NMB48の新エースの1人としてグループを引っ張ってきた。「誰しもいつか旅立つ。NMB48に悔いはありません。明るい感じで終われてよかった」と7年9カ月のアイドル人生を振り返った。明日、20歳の誕生日を迎え、今後は女優を目指し芸能活動を続ける。 太田の卒業公演で、NMB48の9周年ライブ、太田のソロコンサートと卒業コンサートが収録されたDVD、ブルーレイが来年2月14日に発売されることが発表された。特典でメイキング映像も収録されている。太田は「どれかが欲しくても全部ついてくるねんな」と笑わせた。チームNキャプテンの川上千尋(20)は「やめてもアイドルの夢莉さんが楽しめます」と話した。

その他の写真

  • 卒業セレモニーでプレゼントを受け取る太田夢莉(中央)(撮影・星名希実)