宝塚 ~ 朗らかに

衣装頼らず“骨太”男役度の見せどころ/珠城りょう

月組トップ珠城(たまき)りょうが、ウィーン発ミュージカル「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」で、日本初演に臨む。両親が手がける老舗ホテルを舞台に「五つ星」獲得を目指す青年役。現地で観劇し、街も歩いた。当地の“におい”も胸によみがえらせ、稽古に励む。宝塚大劇場は10月4日~11月11日、東京宝塚劇場は11月29日~12月28日。

ウィーン発ミュージカルの日本初演へ意気込みを語る珠城りょう(撮影・前田充)
ウィーン発ミュージカルの日本初演へ意気込みを語る珠城りょう(撮影・前田充)

    ◇    ◇

トップ本拠地6作目。昨年は「エリザベート」も経験し、今度はウィーン発の大作ミュージカルに臨む。現地で観劇も終えた。ウィーンは初めての訪問。サプライズでのあいさつは「歓迎されないかも」と不安だった。ところが「お客様もすごく盛り上がってくださった」。愛する作品が日本で上演されることへの期待の高さを痛感した。

「古き良き伝統を残し、新しい物を取り入れた街。何げない路地、どこで撮っても絵になる。穏やかな空気感も表現できたら」

老舗ホテルを舞台にした人間ドラマ。跡取り息子ジョージが「五つ星」を得ようと奮闘する中、トップ娘役美園さくらふんする有名女優の宿泊ツイートをめぐり、トラブルが起こる。「エリザベート」と同じく、本国では女性が主人公だ。

「ジョージの軽妙さがちょっと“チャラ男”っぽくもあり…。でも、本当は男性特有の、本心をストレートに伝えることが恥ずかしいというか。(平等意識から)ホームレスの人たちに、両親に内緒で、ホテルで残った食事を分配したり」

両親と対立しつつも、前へ進む。稽古に入ると、楽曲から「自然と気持ちが高揚し、その世界にグッと入っていく」力を感じた。ジョージは現代の青年。衣装に頼らず「男」を表現する。「等身大で飾らない。男役度が問われる。やりがいもある」。“骨太さ”が魅力だけに、期待も高まる。

紡ぐナンバーも「今の月組で歌うのは意味がある」と感じる。前作で美弥るりかが退団。花組から鳳月杏が戻ってきた。「組が新たに前に進む。いい雰囲気。(稽古場でも)皆が希望に向かい、楽しそう」。

新人公演を卒業した暁千星(あかつき・ちせい)に加え、風間柚乃(かざま・ゆの)ら若手の成長も著しい。「風間が演じるフェリックスはコメディーを担い、現地でもドッカンドッカン笑いをとっていた」。おりしも東西で、星組トップ紅ゆずる、花組トップ明日海りおが退団公演中だ。

「私が(16年に)初めてトップとして、タカラヅカ・スペシャルに出た時、トップでいらしたのは、明日海さんを最後にいなくなります。紅さんは、ほぼ同時期に就任したこともあって、すごく気にかけ、温かい言葉をくださった」

紅に感謝。そして、月組出身で、珠城が背を追った明日海の退団には別の感慨もある。「自分が明日海さんを支えられるように-。そう思って(若手時代を)過ごしてきた」。花組へ移った当時は「すごくショックでした」と振り返る。

あこがれた先輩は、花組トップとして5年半率いて退く。「宝塚の歴史に名を残すようなトップ。尊敬しています」と感服する。「おふたりの志は後輩につないでいかなきゃいけない。だからと言って、とくに頑張る-とかはない。いつも必死にやっている」。大地に根差した足元が揺れることはない。【村上久美子】

◆日本オーストリア友好150周年記念。「エリザベート」「モーツァルト!」などを生み出したウィーン劇場協会が、17年9月に制作したミュージカル。今年6月までロングラン上演の大ヒットとなった。

物語の舞台はウィーンの老舗ホテル。青年ジョージ(珠城りょう)は、伝統を守る両親と対立する革新的案を掲げ、悲願の「五つ星」獲得を目指す。その最中、人気女優エマ・カーター(美園さくら)がお忍びで来訪。従業員がSNSへ投稿し、ホテルは混乱する。

☆珠城(たまき)りょう 10月4日、愛知県蒲郡市生まれ。08年入団。月組配属。16年9月、近年では天海祐希(7年目)に次ぐスピードの9年目でトップ就任。17年1月「グランドホテル」で本拠地お披露目。昨秋「エリザベート」で宝塚10代目トート。今年は1月に東京、夏に大阪でブロードウェー・ミュージカル「ON THE TOWN」主演。身長172センチ。愛称「りょう」「たまき」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング