MISIA3年ぶり生歌唱「涙が出た」ネット反響大

<第60回輝く!日本レコード大賞>◇30日◇東京・新国立劇場

最優秀歌唱賞のMISIA(40)が、約3年ぶりに音楽生番組に出演した。

15年大みそかの「NHK紅白歌合戦」で、故郷の長崎から中継で生出演して以来、久々の生歌唱。緊張した様子でステージに登場したが、TBS系ドラマ「JIN-仁-」の主題歌だった「逢いたくていま」(09年発売)と、同局系ドラマ「義母と娘のブルース」主題歌の「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」の2曲を、生バンド&オーケストラをバックに熱唱した。

歌い終えると、胸を押さえながらホッと一息ついた。「平成最後にこの賞をいただいてありがとうございます。応援してくださった皆さんありがとうございます」。総合司会の土屋太鳳(23)も「本当に感動しました」と話した。

98年に「つつみ込むように…」でデビューし、今年が20周年の節目だった。「振り返ってみると、すごくたくさんの方に支えられて、出会いに恵まれた20年でした。私を歌手にしてくださって、ありがとうございます」と感謝した。

圧倒的な歌唱力から、放送後にネットでは「MISIAうますぎる」「感動した」「涙が出た」など多くの反響であふれていた。

MISIAは、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分開始)にも出演し「アイノカタチ」を披露する。

このニュースの写真

  • 最優秀歌唱賞を受賞し、「アイノカタチ」を熱唱するMISIA(撮影・江口和貴)