けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名

欅坂46の関連グループ、けやき坂46(読み:ひらがなけやき)が、「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」に改名することが11日、分かった。この日、メンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が行った動画アプリ「SHOWROOM」の配信内で、サプライズ発表された。結成後のグループの名称が変わるのは、坂道シリーズで初めて。「坂道シリーズ」4組目の単独シングルデビューとなる。

配信序盤、3月27日に待望の単独シングルデビューを果たすことが発表された。その後も3月5、6日の横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ開催や単独公式サイトの立ち上げなどを続々と発表。配信終盤、サプライズで改名も発表された。改名についてはメンバーも知らなかったという。

キャプテン佐々木久美が、スタッフから渡された紙を読み上げると、映像が流れ、改名が発表された。メンバー全員が絶叫し、齊藤は何度も跳びはね、小坂に身を預けた。「めっちゃいい!」。佐々木久美と加藤は、抱き合って涙を流した。

加藤が「ずっと悩んでたよね。みんなで、しゃべってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。うれしくなって、頭が真っ白になった」と笑った。齊藤は「3年間やってきて、一番の夢だったんです! しかも、『日向坂46』って、ちょうかわいくない?」と低い声で叫んだ。佐々木久美は「『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさんたちがいろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」と感謝した。

加藤は「漢字欅(欅坂)さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします」と意気込んだ。齊藤は「命かけて頑張ります」と誓った。

佐々木久美は「こんなに幸せなシングルデビューが待っているなんて」と声を詰まらせた上で、「これまでかっこいい背中を見せてくださった漢字(欅坂46)さんの背中があるおかげなので、ひらがなけやきという名前がなくなるのは寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走り出していくので、走り出す姿を一緒に見てほしいです」とあいさつした。

配信後の囲み取材では、「空高く跳べるように」という意味も込めて決まったという、新グループの水色の新しいロゴマークを持って登場した。加藤は「尊敬する乃木坂46さんの美しさや清楚(せいそ)さ、大好きな欅坂46さんのパフォーマンス力やかっこよさをどちらも持つような、ハイブリッドグループになるのが夢です」と意気込んだ。改名をした上でのデビューが夢だったという齊藤は、「ひらがなけやきという名前もすてきだと思うんですけど、絶対欅坂46さんとこんがらがっちゃうと思うんです。メンバーみんなでよく話していました」と明かした。

16年5月に結成したけやき坂46は、当初は欅坂46の2軍的存在だった。だが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を武器に、人気を獲得していった。今後は「日向坂46」にちなんで、見る者を幸せにし、さらに心を温かくする「ハッピーホット」をテーマに掲げていくという。

昨年6月20日に「走り出す瞬間」でアルバムデビュー。音楽業界内でも「単独でも十分シングルデビューできる」と言われる存在となった。一方で、一般層からはまだ「欅坂46」と混同されることもあり、インターネットで「けやき坂」「けやき坂46」と検索しても、欅坂46が先に出てきてしまうことも多い。改名は、グループがさらにステップアップするためのラストピースだった。

「ひなたざか」と読む「日向坂」は都内に実在しないが、「日向坂(ひゅうがざか)」は東京・港区の三田に存在する。坂道シリーズの先輩グループとなる「乃木坂46」「欅坂46」とともに、港区に関連する坂道グループが誕生することになった。

その他の写真

  • 「日向(ひなた)坂46」へサプライズの改名発表に驚く「けやき坂46」のメンバーたち(撮影・小沢裕)
  • 「日向(ひなた)坂46」と改名が発表されたボードを手に笑顔を見せるけやき坂46のメンバーたち(撮影・小沢裕)