吉見茉莉奈、初体験の長編映画でつかみ取った世界

<映画「センターライン」主演・吉見茉莉奈に聞く1>

死亡事故を起こした人工知能(AI)を法で裁けるかをテーマに描いた映画「センターライン」が20日、都内の池袋シネマ・ロサで初日を迎える。警察庁が3月8日、緊急時に運転者が操作する「レベル3」の自動運転走行を可能にする、道交法改正案を国会に提出し、閣議決定されたばかりで社会性の高い作品だ。一方で、主人公の検察官・米子天々音と被告のAI「MACO2」の対決を描き、法廷サスペンス、ロボットバディもの、SF要素を盛り込んだエンターテインメント作でもあり、今年のインディーズ映画では注目の1本だ。主演の吉見茉莉奈(28)に、長編映画デビュー作となった今作について聞いた。【村上幸将】

その他の写真

  • 映画「センターライン」の劇中でAIのMACO2(手前)を法廷で裁くシーン
前へ 1 2 次へ