岡本社長である理由は「みんなに後で聞く」長い沈黙

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で会見を行い、闇営業問題に端を発する一連の騒動について語った。

自らの処分を「1年間の減俸50%」とし、職を退く意志については否定している岡本社長。「自分が社長でなければできないものは何か」との質問を受けるとなかなか答えられず、長い沈黙のあと「全力でできることに関してがんばらなければならない」。また「みんなに後で聞いときます」と話した。

その他の写真

  • 会見開始から3時間が経過し、10分間の休憩時間が設けられる(撮影・横山健太)