田口被告への減刑主張、今後の違法捜査抑止を考慮か

大麻取締法違反(所持)の罪に問われたKAT-TUNの元メンバー田口淳之介被告(33)と元女優小嶺麗奈被告(39)の公判が21日、東京地裁(長池健司裁判官)で行われ、いずれも懲役6月、執行猶予2年の判決が言い渡された。

当初7月30日に判決予定だったが検察側の請求で異例の延期となっていた。この日、関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)が捜索時の動画を一部メディアに提供していたことが原因だったことが明らかになった。

   ◇   ◇   ◇

川崎つばさ法律事務所の川畑さやか弁護士 今回の事態は過去の判例にはない異例のケースだ。今回、問題となったのは、撮影されていた動画を一部マスコミに提供したということもあるが、被告のプライバシー侵害に当たる可能性があったからではないか。例えば、令状に書かれていないことや、手錠を掛けられている姿、家の中のものなどが映っている場合、重大なプライバシーの侵害に当たり、裁判所が違法捜査を抑止するため証拠能力を否定することがあるからだ。また、弁護側の減刑の主張も今後の違法捜査抑止を考慮してのものと思われる。一方で、判決については妥当な量刑だったのではないか。