堂本光一「引き締めて」ジャニーにさん捧ぐ節目舞台

KinKi Kids堂本光一(40)が20日、東京・帝国劇場で行われた主演舞台「Endless SHOCK」(来年2月4日~3月31日)の制作発表に出席した。17年ぶりにKAT-TUN上田竜也(36)が出演するサプライズキャスティングもあり、20周年記念公演への意気込みを語った。

   ◇   ◇   ◇

堂本らメインキャストたちが並んだステージに上田が登場すると、会見を見守った観客から大歓声とどよめきがあがった。堂本は「ビビったでしょ? そうなんです。上田がやってくれるということで」と笑った。上田は「まさか自分がこうしてまた『SHOCK』に出演させていただけるとは思っていませんでした」と感謝し、頭を下げた。

上田は当時6人組だったKAT-TUNのメンバーとともに、01年から3年間出演。ヤンチャな10代の上田らに手を焼き、堂本は「なんでジャニーさんはこいつらを俺に押しつけたんだ」と思っていたという。上田は「当時、自分のクソみたいなプロ意識の中でやっていて、光一くんに本当に迷惑をかけたので…。土下座を何回もするレベルです」と反省。光一は「お互い若かった。本当にクソ野郎だったんです、KAT-TUNって。でも、みんな見違えるほど大人になった。好青年に成長した」とフォローされ、笑いを誘った。

上田は、物語のキーとなるライバル役を演じる。2年ほど前から、キャスティングの際に上田の名前があがっていたという。堂本は「すれているけど、根はすごく真面目。役にすごくあっている」と期待を寄せる。ジャニーズきっての肉体派の上田は「早く殺陣がやりたい。暴れたい」とウズウズ。会見中も、真面目な発言を同世代のふぉ~ゆ~松崎祐介(33)からイジられ、「お前、ブッ飛ばすぞ!」とキレキレだった。

今年7月に死去したジャニー喜多川氏(享年87)は今回から同作の「エターナル・プロデューサー」に。05年から実質的に演出を任されていた堂本は、肩書が「演出・主演」になる。00年初演の同作にとって、20周年記念の特別な公演。堂本は「今まで以上に気持ちを引き締めてやっていきます」と誓った。大人になった新たな“相棒”を迎え、大きな節目を迎える。

○…この日から、同作の公式インスタグラムアカウントが開設された。稽古場の雰囲気やキャストのコメントなどを、動画や写真で掲載していく予定という。ジャニーズ事務所関連作品は、SNSなどが徐々に解禁される流れにある。堂本は「稽古期間中はファンの方から死んだと思われているので、ちゃんと発信していきたい。ワクワクしてもらいたいです」と話した。

○…会見には、今年に引き続きヒロイン役を演じる元AKB48梅田彩佳(30)や劇場オーナー役の前田美波里(71)はじめ、ふぉ~ゆ~越岡裕貴(33)松崎祐介(33)、ジャニーズJr.椿泰我(21)松井奏(19)らも出席した。右足小指骨折のため今年の公演を休んだ越岡は「今回は絶対骨折しません!」と約束した。

その他の写真

  • 舞台「Endless SHOCK」のSNS告知用の写真に納まる堂本光一(中央)と出演者たち。前列左から松井奏、梅田彩佳、1人おいて上田竜也、越岡裕喜、石川直。後列左から椿泰我、前田美波里、松崎祐介(撮影・たえ見朱実)