森山未來が初海外主演、カザフスタンは「全て神話」

  • 映画「オルジャスの白い馬」初日舞台あいさつに出席した森山未來

俳優森山未來(35)が18日、都内で、主演映画「オルジャスの白い馬」(竹葉リサ監督、エルラン・ヌルムハンベトフ監督)の初日舞台あいさつに出席した。

同作は日本とカザフスタンの合作映画。森山にとって初となる海外主演作品は、全編カザフスタンで撮影された。舞台はカザフスタンの大草原。父を亡くした少年オルジャスと、彼の前に現れた不器用で正義感の強い男カイラートのふれあいが描かれる。森山はカイラートを演じる。

今回の撮影で初めてカザフスタンを訪れた森山は「原風景を見ているような感覚になりました。自然の中で生かされているような、人間の原点に立ち返るような場所でしたね」と振り返った。また、「事象の全てが神話のようでした」と続けた。

言葉と文化の違いはあったが、「撮影は、基本的に全部楽しかった。エネルギッシュで柔軟な姿勢の人ばかり。みんなと仲良くなったのでいつでも帰りたいですね」と話した。