桑田佳祐ホストのボウリング大会中止 感染拡大受け

サザンオールスターズの桑田佳祐(63)がホスト役を務めるボウリング大会「KUWATA CUP 2020 みんなのボウリング大会」が18日、中止が決まった。新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みての決定だ。

20日、22日の本大会、22日、23日に開催を予定していた準決勝・決勝戦が中止となる。

公式HPで「現在感染が急速に拡大しております新型コロナウイルスは、ヒトからヒトへ感染した例が複数報告されていると同時に、感染経路や感染力の強さについては現時点では判明しておりません。そんな中、KUWATA CUP 2020実行委員会といたしましては、情報を日々更新し、出場選手の皆様やご家族、オーディエンスの皆様にとりまして、最大限より良い環境で大会開催ができないかを熟考した上で、この期間での開催の可否を慎重に協議しつつも、前向きに実施にむけた感染症対策を整えてまいりました。しかしながら、東京都内をはじめとした全国で、感染者の報告が日々拡大していく中で、2月17日現在の被害状況から、全ての出場選手の皆様やご家族、オーディエンスの皆様に安心してご参加いただける環境ではないという結論に達しました」と説明している。