「サザエさん」番組内でマスオ役増岡弘さん追悼コメ

21日に直腸がんのため亡くなった声優の増岡弘さん(享年83)がフグ田マスオ役を務めたフジテレビ系アニメ「サザエさん」(日曜午後6時30分)が29日に放送され、番組内で追悼のコメントがテロップで流れた。

「1978年6月から2019年8月までの41年間、フグ田マスオの声優を務めたいただいた、増岡弘さんが逝去されました。いつも穏やかで優しいマスオさんを演じてくださった増岡弘さんのご冥福を心からお祈りいたします。」

サザエさんの家族だんらんで夕食をとるシーンで故人をしのんだ。

増岡さんは、1936年(昭11)に埼玉県で生まれた。工業高を2年で中退後、旧大検を受けて東京芸術大美術学部に進学も2年で中退し、進んだ文化学院文化芸術科で演劇と出会った。58年に劇団表現座を立ち上げ、劇作家の寺山修司さんの影響を受けたという。

マスオ役は2代目として78年6月11日から41年も演じた。19年に高齢を理由に2つの番組から卒業した俳協によると、病気療養中だった。現在、マスオは田中秀幸が演じている。