保健所に相談してます!鈴木おさむ氏が専門家に反論

お笑いトリオ森三中の大島美幸(40)の夫で放送作家の鈴木おさむ氏(47)が、新型コロナウイルス感染が判明したメンバー黒沢かずこ(41)に関する専門家のコメントに反論した。

鈴木氏は6日、ツイッターを更新。「さっきワイドショー見てたら黒沢のことをとりあげていた。そこに出てた先生が黒沢のことはレアケースと言ってた」と言及。「そんなことないと思うし、その先生は病院にいくと、菌をまいてしまうことになるので、保健所の相談センターに!と言ってたが、黒沢は、まず保健所に電話して相談してます!」と説明した。

同日放送のTBS系「グッとラック!」では、黒沢について取り上げた。黒沢が先月21日の昼に発熱症状が出た後、病院を受診するもなかなか検査を受けられなかったということについて、出演した東邦大学感染制御学の小林寅■(いんてつ)教授は、「一番初めに保健センターなどしかるべき所に相談をすることが大事。むやみに病院に行ってしまうと、むしろそこでかかってしまうこともありますので」とコメントしていた。

黒沢は先月21日の昼に発熱症状が出たが、同日夕方には平熱に戻った。医師の指導で2日間、自宅で療養後に25日に仕事復帰。だが、26日に味覚・嗅覚異常を訴えて、以後の仕事を全てキャンセル。今月3日夜に新型コロナウイルスに感染していると判明した。ネット上では「2週間放置していた」と批判の声もあがったが、鈴木氏は4日にツイッターで「森三中・黒沢、二週間放置とか書かれてますが、そんなことない。味がしないという症状が出て、先週の木曜日26日から、自宅待機で仕事休んでます。しかも、病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!なかなか検査してくれない!これが怖い!」と説明していた。

※■は、吉を2つ横に並べる