渡辺直美、ドラえもん映画「実写版の…ついにかと」

  • 左からテレビ朝日の弘中アナウンサー、のび太、渡辺直美、ドラえもん、今井監督(撮影・小沢裕)

渡辺直美(32)が8日、都内で行われたアニメ映画「ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督)公開記念舞台あいさつにドラえもんをイメージした衣装を着て登場した。髪形もネズミにかじられてなくなった耳をイメージして、2つのお団子にまとめて鈴を着け「お尻に、しっぽもあります」と笑みを浮かべた。耳にドラえもんの大好物どら焼き形のイヤリングを着けたが「重すぎて耳がちぎれそう」と苦笑い。「今日のために準備しました」と明かしたように、全て渡辺サイドが用意したという。

渡辺は、劇中で怪しい女ナタリーの声を演じた。ドラえもんの妹ドラミのコスプレをしたテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(29)から「フォルム(体形)もドラえもんに似ている」と突っ込まれると「はっきり、スルッと言いましたね。そうなんです。映画のお話が来た時、実写版のドラえもん役…ついにこの日かと思った」と笑い飛ばした。