兵庫新の田中希実、憧れ小林祐梨子さんからエールも

  • 兵庫選手権の女子800メートル3組で兵庫新記録を出し笑顔を見せる田中希実(撮影・松本航)

<陸上:兵庫選手権>◇12日◇神戸ユニバー記念競技場◇女子800メートル

陸上の兵庫選手権は12日、神戸ユニバー記念競技場で行われ、女子800メートルで田中希実(20=豊田自動織機TC)が2分4秒66の兵庫新記録をマークした。自己ベストを2秒62縮め「800メートルから5000メートルまで走れる『マルチランナー』でありたいとずっと思っていた。やっと、800メートルでも戦えるようなタイムを出せてうれしい」と喜んだ。

20歳の勢いが止まらない。8日にはホクレン・ディスタンスチャレンジ(HDC)深川大会の3000メートルで8分41秒35を記録。福士加代子(ワコール)の日本記録を18年ぶりに更新した。次戦は中2日で15日のHDC網走大会。5000メートルで15分0秒01秒の自己記録更新を狙う。その先に福士が05年に樹立した14分53秒22の日本記録も見える。

同志社大3年だが、陸上ではコーチを務める父健智さん(49)と二人三脚。西脇工高卒業後も、出身地である兵庫・小野市などを拠点に力を高めてきた。同市出身の先輩には1500メートルの日本記録(4分7秒86)保持者である小林祐梨子さんがいる。自己記録4分8秒68で、日本歴代2位の田中はうれしそうに言った。

「やっと祐梨子さんの800メートルのタイムを抜けたので『1500メートルでも追いつきたいな』という思いが、より強くなりました」

前日11日には大雨警報で兵庫選手権が中止(8月9日に延期)。1500メートルに出場予定だった田中は急きょ予定を変更し、加古川市内で練習を行った。そこには小林さんの姿があった。

「昨日も加古川競技場にわざわざ見に来てくださって『頑張って』って言っていただきました。いろいろな場面で私の名前を出してくださっていて、とてもうれしいです」

地元で受けたエールと、走りで得た自信。弾みをつけて、北海道へ乗り込む。【松本航】