高橋大輔、20年ともに過ごした長光コーチ/連載1

  • フィギュアスケート全日本選手権 男子フリーで演技する高橋(2019年12月22日撮影)

<高橋大輔の再出発>

フィギュアスケート高橋大輔(33)の新しい挑戦が始まりました。10年バンクーバーオリンピック(五輪)では、アジアの男子シングル選手として初の銅メダル獲得。五輪3大会に出場した元世界王者は19年12月、全日本選手権でシングルとしての最後の演技を終えました。今年からは18年平昌五輪代表の村元哉中(かな、26)と組み、アイスダンスへ転向します。

日刊スポーツではWEB連載として今日から3日間、「高橋大輔の再出発」をお届けします。毎日午後4時掲載予定です。

  ◇  ◇  ◇

目に入ったのは、総立ちの観衆だった。高橋は口でしていた呼吸を整え、その光景を目に焼き付けた。

「ボロボロでした。最後にふがいない演技をして申し訳ない。拍手を見て『シングルは引退なんだな』っていう、実感が湧きました。このスポーツ、シングルに出会えて、幸せ者だと思いました」

19年12月22日、全日本選手権男子フリー。シングル最後の演技、その舞台は14年前、初優勝を果たした東京・国立代々木競技場だった。

20日のショートプログラム(SP)は14位。フリーも3回転フリップの転倒など全盛期の完成度に遠く及ばず、総合12位となった。それでも4分間の滑りで力を出し尽くすと、手拍子をし、声を合わせて叫ぶファンの声が聞こえてきた。

「大ちゃん! 大ちゃん!」

リンクサイドに見えた顔は、20年前から変わらなかった。右隣に座って得点発表を待つコーチの長光歌子へ、内緒で用意していた花束を差し出した。

「長い間、ありがとうございました」

普段は照れて伝えることができない、精いっぱいの感謝の思いだった。花束を受け取った長光は何度も頭を下げ、高橋と過ごした時間を思い返していた。

「最後までずっと私の横にいてくれた感謝と『最後、もうちょっと(いい演技が)できただろう』っていう残念さと…。花束は本当にビックリしました。でも、すごくうれしかった。『別のコーチについたら、もっと良くなっていたのかな』と考えたこともありました。でも、いいところも、悪いところも、一緒にここまで来られたことが良かったです」

出会いは夏の終わりだった。99年8月末、長光は仙台のリンクで行われていた恒例の合同合宿に参加した。指導の中心は06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香や本田武史らを育てた、名伯楽の長久保裕。その教えに学ぼうと、全国から指導者が選手を連れて訪れていた。

10日間ほど続いた合宿中のある日、長光に突然の依頼が来た。振り付けを担当するコーチが急用で不在となり「歌ちゃん、頼むよ」と後を託された。その選手が岡山・倉敷市からやって来た、中学2年生の高橋だった。名曲「ワルソー・コンチェルト」の振り付けは、最初の部分だけが仕上がっていた。長光は個人的に大好きなピアノ曲をかけながら「悪いけれど、中2の男の子には無理でしょう」と内心、思っていた。そんな杞憂(きゆう)は、一瞬にして覆された。

「この感性はすごい。絶対に、世界に出て行くわ」

コーチの了承を得て、振り付けを一から作りなおした。編曲も行い、まだ13歳だった少年に落とし込んだ。その驚きは二重、三重に膨れあがった。

「体から曲が聞こえてくるような感じがしたんです。普通、振り付けを10しても1か2にしかならないけれど、彼は10倍、20倍にしてくれる。一番照れくさい時期に、よく踊っていた。男の子では初めての感覚でした」

当時48歳の長光は、中2の才能にほれ込んだ。1週間の指導を終えると、高橋から「ショートプログラム(の振り付け)もない」と伝えられた。

「それは困るやん!」

9月末のシーズン初戦が、1カ月後に迫っていた。

「倉敷に帰ったらね、今週末、大阪に出ていらっしゃい。ショートプログラムの振り付けもしてあげる」

それからというもの大阪・高槻市を拠点とする長光は、週末に高橋を指導するようになった。

二人三脚で歩む日々の始まりだった。

(敬称略、つづく)【松本航】