宇野昌磨が練習を再開、コーチから映像通して指導

フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(22=トヨタ自動車)が5日、自らの公式サイトで練習再開を報告し、4回転-2回転の連続トーループなどを着氷させる動画を添付した。

年明けから06年トリノ五輪銀メダルのステファン・ランビエル・コーチ(35)の指導を本格的に受け、スイスを拠点に練習を積んできた。だが、新型コロナウイルスの影響で3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)が中止。日本での滞在が長引く中で「緊急事態宣言が解除されたことにより、無事、練習を再開することができました。スイスへは、いまだ国と国を行き来することが難しいためステファンも心配していますが、これからは映像を通して練習を見てもらえます」と近況を報告した。

日本滞在時に利用している中京大のリンクは再開されておらず、現在は邦和スポーツランド(名古屋市)の協力を得て、氷上練習を行っているという。7月からの新シーズンに向けて「またこうして練習できる日々と支えてくださっている方々への感謝を忘れず、1日1日の練習を大事にしていきたいと思います」と思いを込めた。