和のW杯チケット 金屏風背景にプレーするデザイン

9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のチケットデザイン発表会が17日、都内で行われた。

デザインは青、赤、紫をベースにした3種類で、コンセプトは「伝統と革新」。金びょうぶを背景に、選手がプレーする姿が日本の伝統的な武者絵のタッチで描かれている。大会アンバサダーを務める元日本代表の広瀬俊朗氏は「海外の人にも喜ばれそうなデザイン。アジア初開催のW杯として、財産をしっかりとアジアに広げていくことが重要」と話した。

このニュースの写真

  • W杯のチケットデザイン発表会に参加した、元日本代表の広瀬俊朗氏(右端)ら