落合博満の「ある数字」が指針になる。ヤクルト村上が令和初の3冠王になるために/物語のあるデータ

ストーリーズ

米谷輝昭

連覇に挑むヤクルトの主砲村上宗隆内野手(22)には今季、3冠王の期待がかかる。昨年、本塁打王に輝き、打点は岡本和(巨人)に1差の2位(112打点)だった。課題は打率だ。2割7分8厘をどこまで引き上げるか。

そんな村上に、参考となる大選手がいた。1985年の落合博満(当時ロッテ)だ。2度目の3冠王に輝いたこの年、前年の打率を一気に5分3厘もアップさせた。あっと驚くその中身に迫った。

2022年3月5日、中日とのオープン戦の1回に左二塁打を放つヤクルト村上宗隆

2022年3月5日、中日とのオープン戦の1回に左二塁打を放つヤクルト村上宗隆

打者は通常、追い込まれると打率を下げる。

厳しい球に手を出さざるを得なくなり、数字は上がらない。昨年の村上もそうだった。

0ストライクからは4割4厘の高打率を残した。それが2ストライク後は1割9分6厘に下げた。

落合と同じ85年にセの3冠王となったバース(阪神)も0ストライクで4割4分9厘、それが2ストライク後は2割5分1厘まで落とした。

落合は違った。2ストライク後に3割7分4厘の数字を残した。

全568打席中、初球から打って出た打席はわずか35(32打数15安打=4割6分9厘)しかない。2ストライク後が約半分の235打席(203打数76安打)もあった。相手に球数を投げさせ、失投を捉えた。決め球を投げるカウントに導き、それを狙い打つ技術も持ち合わせていた。

ロッテ落合博満は西武の松沼兄から29号本塁打を放つ。この年、落合は3冠王を達成した=1982年9月26日

ロッテ落合博満は西武の松沼兄から29号本塁打を放つ。この年、落合は3冠王を達成した=1982年9月26日

この年、21勝を挙げて最多勝投手になった佐藤義則(阪急)に4割ちょうど。19勝の石本貴昭(近鉄)に3割3分3厘、18勝の山田久志(阪急)に3割8分9厘、17勝の東尾修(西武)に3割8厘、14勝の松沼博久(西武)には5割3分8厘という具合だ。

エース級をことごとく打ち込んだ。優勝した西武の防御率1位投手、工藤公康(8勝)も3割5分3厘と苦にはしなかった。

各投手の決め球に対応できないと、この数字は残せない。対応できるから、あえて追い込まれ、狙い打ったといえる。その結果が前年から5分3厘アップの3割6分7厘になった。

最終戦となった西武戦では4試合連続の本塁打を放ち、3打数2安打2打点。最後まで数字を積み上げた。本塁打は52本、打点は146。2位との差は打率で2分4厘、本塁打で12本、打点で24もあった。3部門すべて危なげなくゴールした。

愛車トヨタ・クラウンロイヤルサルーンの助手席へ信子夫人を乗せて出掛けるロッテ落合博満内野手=1985年12月29日

愛車トヨタ・クラウンロイヤルサルーンの助手席へ信子夫人を乗せて出掛けるロッテ落合博満内野手=1985年12月29日

全日程を終えた落合は、こう語っている。「ホームラン52本なんて、中距離バッターのオレにはできすぎだ。チームの2位がかかっていたんで休めなかった。それにしても、ようもったよ」。

自ら「中距離バッター」と言い「できすぎ」と評したところに、秘密がのぞく。

大砲ではないと自覚し、飛距離を求めて強引に引っ張ろうとはしなかった。

52本中に右方向への本塁打が21本もあった。73、74年の2度3冠王を手にした王貞治(巨人)は、逆(左)方向の本塁打がそれぞれ51本中に2本、49本中には4本だけ。

落合は広角に打てる自分のスタイルを変えることなく、本塁打を増やしてタイトルをつかんだ。

中村紀洋(中日コーチ)が近鉄時代、落合に質問したことがある。「右方向の本塁打は狙っているんですか? 」。こう答えた。

「バックスクリーンしか狙ってないよ。タイミングが早ければ左へ行くし、差し込まれれば右に行く。それだけだ」。中越えの本塁打は2本だけながら、こう言い切った。

中村紀洋(右から2人目)は中日落合博満監督(右)が見守るなかシート打撃に参加する=2007年2月19日

中村紀洋(右から2人目)は中日落合博満監督(右)が見守るなかシート打撃に参加する=2007年2月19日

センター返しの意識は徹底していた。引退後の01年2月、当時の横浜(現DeNA)森祗晶監督に招かれて、沖縄・宜野湾キャンプで臨時コーチを務めたときのことだ。ミーティングに講師として参加し、こんな話を持ち出した。

「球場の広さを知っているよな。左右(両翼)はだいたい100㍍でセンターは120㍍ある。なんでセンターだけ深いんだ。同じでいいじゃないか。これ、分かる人? 」

沈黙が続くと落合が再び口を開いた。「センターは飛ぶ。伸びるんだよ。だから深いんだ。センターに打ち返すのが基本なんだよ」。

同席していた私もこの質問に驚いた。正解など、見当もつかなかった。ミーティング後、聞いてみると、こんな答えが返ってきた。「オレも知らないよ。センター返しが基本ということを言いたかったんだ。ああ言えば分かるだろ」。

中距離打者が一発を狙って強引に引っ張れば、本来のフォームを崩し、打率まで下げてしまう。

落合はセンター返しを貫き、広角に打って、本塁打は前年から19本増やした。飛距離は力ではなく、技で稼いだ。

80年2月、春季キャンプでホームベースを挟むように立ち「前さばきの感じをつかむんだ」と正面打ちを行うロッテ落合

80年2月、春季キャンプでホームベースを挟むように立ち「前さばきの感じをつかむんだ」と正面打ちを行うロッテ落合

好不調の波も最小限に食い止めた。7月だけ唯一3割を切ったが、それでも2割9分3厘あった。

タイトル奪取へ勝負どころといえる8、9月は4割を超え、本塁打も2カ月で20本を数えた。

落合は専任の打撃投手をつけ、アドバイザーにしている。ロッテでいえば立野清広、現役最後となった日本ハムでは谷山高明がそうだ。考え込むタイプの選手は、なかなかスランプから抜け出せないが、落合は「外部の目」も活用し、落ち込む時期を短くした。

打点にも、驚く数字が隠れていた。得点圏打率4割9分2厘がそれだ。ほぼ2回に1回、安打を放った計算になる。稼げたはずだ。

前年から実に52点増。146打点中の98点が得点圏から打ったものだった。チャンスに強い理由を話したことはない。ただ、解説者時代、満塁機に凡打した打者について、こう話したことがあった。

「打つ方もしんどいけど、相手(投手)はピンチで、もっとキツイはずだろ」。自分の方が有利と解釈し、慌てず騒がず打席に入った。

1983年5月5日、阪急戦の9回1死一塁、落合はプロ入り初となる左越えサヨナラ2点本塁打を放つ

1983年5月5日、阪急戦の9回1死一塁、落合はプロ入り初となる左越えサヨナラ2点本塁打を放つ

ピンチに落合を迎えた相手投手は、相当なプレッシャーを感じたろう。追い込まれても、ウイニングショットが来ても打てる。両者の差は大きかったはずだ。

開幕から127試合目、落合は日本ハムを相手に、2本塁打含む4打数4安打して、自ら「3冠当選」を口にした。

「これで決まりだね。怖いのは打率だったけどこれで終わりだね」。打率キープの休養など必要なかった。当時の全130試合すべてに出場してつかんだ3冠王だった。

村上は長距離砲ながら、逆方向にも打てる。これは強みになるだろう。

2ストライク後の打率の大幅な落ち方が気になるが、本塁打を見れば、ダウンはしていない。0ストライクから12本、1ストライクで11本、2ストライクで16本。

このカウントに左右されない数字を打率にもつなげられるなら、令和初の3冠王が近づいてくる。