馬術の障害飛越でともに五輪初出場の枡井俊樹(乗馬ククレイン)と福島大輔(STAR HORSES)は2次予選に進めず、落胆をあらわにした。

 枡井は終盤に連続でバーを落とし、減点が重なった。馬の調子は良かったそうだが、勢い余った演技になってしまったという。「ちょっとしたバランスを取り戻せなくなった」と肩を落とした。

 福島は終盤まで順調だったが、垂直障害でつまずいた。馬が跳び越えるのを嫌がり「どうしようもなかった」と打つ手がなくなった。「馬が調子良くて過信した」と反省しきりだった。