1予のトリを任された松本秀之介(23=熊本)が、パーフェクトなレースで勝利を手にした。

初日11Rは小岩大介と菅原晃の地元両者を従えてホーム手前で先行態勢に入ると、そのまま逃げ切った。「ホームで流し過ぎずスピードに乗せ切ろうと思って、バックではペースを維持するイメージ。最近は長い距離を駆けていなかったから、久しぶりにいいレースができたかな」と満足そうに振り返った。

九州ラインのけん引役として、2日目以降もアグレッシブに攻める。