守沢太志(38=秋田)には、やっぱりSS班の赤いパンツがお似合いだ。

2予10Rは、岩本俊介のロングスパートに乗り、ゴール前で差し切り。3番手の新山将史まで引き連れて断トツの人気に応えた。「どうラインで決めるか、しっかり余裕を持って走れた」と振り返ると「初日は感じが良くなかったけど、体の使い方とか修正できた。状態を上げていければ」と準決以降に目を向けた。

アップ中は、来年のために準備していたS級パンツを着用。「レースでは(SS班の)赤パンをはかなければいけないみたいだし…」と及び腰だが、残り2走もSS班に相応しい走りを見せてくれるはずだ。