浅井康太は2予7Rで痛烈な差し足を繰り出し、小倉竜二とのデッドヒートを微差で制した。

「コースもしっかり見えているのかな。最後は伸びたし踏める感覚もあった」と好感触。「あとは、志田(龍星)がしっかりと上がってくれれば」と熱望していたが、何とか2予をクリアした。

連係がかなった準決10Rで、決勝の切符をつかみ取る。

【別府競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック