2予で地元勢が相次いで脱落したが、大将格の大塚健一郎だけが唯一、準決に勝ち上がった。

「今回はラインの前後に助けられている。後輩(安東宏高)のアクシデントがあったので複雑な思い」と心境を吐露。「頑張るだけです」と、厳しい表情で自らに言い聞かせるように繰り返した。

準決11Rでは北津留翼を目標に決勝進出の望みを託す。

【別府競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック