【中嶋聡史・火事場のナカぢから】

別府G3は、19年からオランダ王国友好杯のサブタイトルが付いており、紙面もオランダのナショナルカラーのオレンジで彩られている。競輪に当てはめれば7枠。初日に6勝すると、2日目は2勝、3日目は3勝とまずまずの結果を残している。

◆2R 大敗続きの高田はS級点確保へ後がない状況。ペース駆けで粘り込んで点数を挽回したい。(7)-(1)(5)-(1)(3)(4)(5)(9)計8点。

◆10R 佐々木のパワーは魅力。準決はまくり届かず5着だったが、2日目までの動きは上々だった。(7)-(1)(3)(5)-(1)(3)(5)(9)計9点。