【12R:決勝・決断】

松浦が柔軟性を生かして細切れ戦を制す。

今シリーズは2予、準決を危なげなく勝って決勝に進出。バック6番手から3着に伸びた初日特選から、切れのある走りを見せている。もちろん次走はKEIRINグランプリ。しっかり勝って暮れの大一番に向かう。

番手を回る佐々木にとってはG3初優勝へ千載一遇のチャンス。

目標不在でも守沢は侮れない1車となる。前前に攻めて当地G3連続優勝を目指す。

三谷は競輪祭で落車の影響を感じさせない俊敏な動き。浅井との中近コンビにも警戒が必要だ。

◆こう戦う◆

松浦 3日目が一番良かった。前で自力。

守沢 自分で何かする。

浅井 踏める感触はあった。三谷君。

渡部 フレームを替えて余裕が出てきた。佐々木君。

内藤 競輪祭の時からセッティングを戻して、こっちの方がいい。守沢君。

松本 スピードの乗りも悪くない。自力。

三谷 しっかり踏めているので問題ない。自力。

大塚 状態は関係なく、気持ちと自信の中で挑もうと思ってきた。松本君。

佐々木 中四国で結束したいので、松浦さんの後ろで勉強させてもらう。

【別府競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック