新田祐大(37=福島)がシリーズ2勝で締めた。特選9Rは打鐘前から動いて3番手を確保すると2角まくり。マークした飯野祐太が「マジできつかった」と口が空くほどのスピードで前団をのみ込んだ。

「積極的に走りたい」という気持ちで今開催を迎えていたが、準決は後方不発に終わった。「そこも含めて学んだことを残り8走で結果として残せるように。しっかり攻める気持ちを持ち続けて、来年からSS級に挑むって思いで走りたい」と佐世保、広島in玉野とS班として走る、残り2つのG3開催へ気持ちを切り替えていた。