日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

クラストゥス通訳は元明菜バックダンサー

クラストゥス騎手の通訳を務める金井圭介氏
クラストゥス騎手の通訳を務める金井圭介氏

 短期免許で来日する外国人ジョッキーの活躍に通訳の存在は欠かせない。騎手の通訳というと専門の勉強を受けた人を想像するが、クラストゥス騎手のフランス語通訳を務める金井圭介氏(38)の経歴は異色だ。

 物静かに見えるが、本業はパフォーマー。「海外から来るサーカスアーティストと一緒に仕事をしたり、通訳をしたり。今はオフシーズンでこの仕事をさせてもらってます」と言う。東京の多摩地区に生まれ育ち、中学卒業後は舞台や路上パフォーマンスで生活。パフォーマンスの世界を追求し、中森明菜やドリームズカムトゥルーのツアーでバックダンサーを務めた経験もある。海を渡ったのが27歳の時。フランスの国立サーカス学校(CNAC)で現代サーカスを学び、2年前に帰国した。

 「乗馬をやるサーカスの仲間が多かったので馬は身近でしたが、もともと競馬は詳しくないんです」。当初は競馬独特の表現に戸惑うこともあった。「もたれるという言葉が分からなかった。それから馬の癖で馬群で包まれるのを嫌うからという説明を、包むと直訳したらけげんな顔をされて。ポケットに入ることだと理解してもらえた」。昨年に短期免許で来日した際も通訳を務め、今では2人で飲みに行き、ざっくばらんに話をする仲だ。

 クラストゥスはマチカネニホンバレでG1初制覇に挑む。「大きなレースに乗ることができることをアントニーは喜んでいるし、一緒に勝ちたいなあって話しました」。秋には自身が出演する舞台が控え、通訳の仕事は同騎手の短期免許が切れる今月いっぱい。その前にG1の大舞台で、芸術的な差し切りが決まることを願っている。【木南友輔】

 [2011年2月18日8時21分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

クラストゥス

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  池江泰郎師胸張って有終/フェブラリーS - 競馬ニュース
  2. 2  トランセンドは6枠12番/フェブラリーS - 競馬ニュース
  3. 3  エイシンフラッシュ次走は4・3大阪杯 - 競馬ニュース
  4. 4  メビウス心肺能力に自信/フェブラリーS - 競馬ニュース
  5. 5  ヴィクト反応◎ あっさり2馬身突き放す - 競馬ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです