日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

笠松2560勝の浜口騎手が死去 53歳

 笠松競馬所属で通算2560勝の浜口楠彦騎手(柳江)が死亡していたことが11日、分かった。53歳。死亡日時や死因は不明。

 浜口騎手は76年にデビューし、笠松を代表する騎手となった。特に09年の統一G1(川崎)全日本2歳優駿を制した快速牝馬ラブミーチャンの主戦騎手として有名。同馬とは10年春に中央G1の桜花賞への出走を目指して、トライアルのフィリーズレビューに挑戦。12着に敗れたが、大きな話題となった。06年には地方競馬代表としてワールドスーパージョッキーズシリーズにも出場し、JRA初勝利もあげた。

 中央でも活躍した安藤勝己元騎手とは笠松での同期で、生年月日がすべて同じ。中学時代からの同級生でもあった。陽気で明るい性格で知られ、関係者やファンからは「ハマちゃん」の愛称で慕われていた。

 ◆浜口楠彦(はまぐち・くすひこ)1960年(昭35)3月28日、三重県生まれ。76年10月に笠松で騎手デビュー。06年にJRAのワールドスーパージョッキーズシリーズに地方競馬代表として出場。09年、ラブミーチャンで全日本2歳優駿(統一G1)を制した。通算成績は1万9420戦2560勝。今年は233戦35勝。

 [2013年11月12日8時16分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞