DF長友佑都が「アジアの壁」井原正巳に並ぶ歴代2位の国際Aマッチ通算122試合出場を遂げた。08年5月コートジボワール戦から11年。

雑草混じりのピッチに苦戦したが、フル出場で達成した33歳は「数字だけ積み上げても仕方ない。今はまだサッカーが分からないような子供たちにも、長友がいたな、と記憶に残るような選手にならないといけない」と継続を誓った。