今季限りで退任する大分トリニータ片野坂知宏監督(50)が、恩返しのホーム最終戦勝利を飾った。

【関連】J1順位表はコチラ>

J2降格が決まっているが、開始前からモチベーション高く、降格ショックの横浜FC撃破に導いた。

ホーム最終戦セレモニーでは、J3から6年間指揮した大分愛があふれ「J1定着を目標にしてきたがJ2降格でふがいない。支えてくれた方々に申し訳ない悔し涙だった」と男泣きした。

序盤からの成績不振で「このまま任せてもらっていいのか」と、何度もクラブと話しあったという。しかし、クラブは最後まで信じて指揮を託してくれた。26日の正式発表で退任は決まった。だが、天皇杯終了まで指揮を執ることになっており、準決勝対戦相手の川崎Fに対して「あわよくばジャイアントキリングで(大分の)存在意義を示したい」と、感謝を胸に最後まで諦めず勝利を目指す。

今後については「6年間の誇りを持って、指導者として前進して行けるようにしたい」。来季J2の大分に対しては「1年で復帰してJ1で躍動するチームになってほしい」とエールを送った。

来季はG大阪の監督に就任予定。大分の監督には下平隆宏氏(49)の就任が有力となっている。