横浜が「マニフェスト広告」でホーム開幕戦(3月13日、対川崎F)の観衆4万人超えを目指す。今日1日から期間限定で、横浜市内のJR、私鉄各駅に、主力選手の顔写真と勝利への宣言が書かれた壁面広告を設置。主将MF中村俊輔(32)の「横浜は、俺が引っ張る」や、DF中沢佑二(33)の「高く険しい壁となり、敵を絶望させる」など、12選手が登場。昨年の湘南とのホーム開幕戦は3万2228人を動員。今年は4万人超えへ、“公約”でアピールする。