日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 関連写真
  4. 候補者一覧
  5. 過去のドラフト
  6. ドラフト規約

大谷ハム入り!栗山V打!次回交渉で表明

栗山監督との会談を終えた花巻東・大谷は、晴れやかな表情でホテルを後にした
栗山監督との会談を終えた花巻東・大谷は、晴れやかな表情でホテルを後にした

 日本ハムがドラフト1位指名した花巻東・大谷翔平投手(18)がメジャー志向から一転、日本ハム入団が決定的なことが26日、明らかになった。この日、栗山英樹監督(51)が岩手・奥州市内で直接交渉。将来的な米球界での成功には日本ハム入りが得策と判断したもよう。次回交渉で球団側へ入団の意思を伝える見通しとなった。日米注目の最速160キロ&高校通算56本塁打のスーパー高校球児が、苦悩の末に日本球界を進路に選んだ。

 大谷の日本ハム入りが決定的となった。栗山監督との初交渉で、少しずつ傾いていた気持ちが固まった。「メジャーで長く、トップで長く活躍したいというのは変わりません。『そこにいくまで一緒に頑張ろう』と言われました。日本球界を選ぶ可能性? そういう道もあると、伝えさせていただきました」。次回交渉で、球団側へ入団する意向を正式に申し入れる見通しとなった。

 将来的に描いてきた、メジャーでのサクセスストーリーの過程を描き直した。日本ハムが自分自身の将来性を最優先に考えてくれた環境と条件が、心変わりの決め手になった。突出した投手と野手の両面での才能の一方だけではなく、ともに伸ばす可能性を探る「エース兼4番」という規格外の育成プランを提示された。大谷本人が2度目の出席となった前回17日の交渉では、そのために球団が整えている育成システム、受け入れ態勢も説明された。

 最大の理解者である父徹さん(50)母加代子さん(48)は日本球界入りを勧めていた。大谷本人もメジャーの第一線で活躍する目標の近道は、日本のプロ野球を極めることが最適、との考えへと傾いていった。大谷は「説得ではなくて、親身になって考えていただきました。ありがたいですし、感謝しています」とすがすがしい表情で話した。

 苦渋の決断だった。ドラフト会議まであと4日に迫った10月21日に、メジャーへ挑戦することを正式に表明。その意思を尊重して指名を見送った国内数球団、また奔走させた米球団に対し、初志貫徹しないことへの強い葛藤があったという。「自分の中で悩んでいる時期もありました」と素直に心境を吐露した。

 メジャーで成功するという野球人生のプラン設計を逆算して考えた時、来季からは米でのマイナー選手ではなく、日本ハムをスタートラインに、夢をかなえる道を選ぶ。紆余(うよ)曲折を経て、日本球界待望のスター候補「日本ハム大谷」が誕生する。

 [2012年11月27日9時10分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞