日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能のRSS

幸子の紅白消滅!勝負曲売れず

34回連続NHK紅白歌合戦出場の可能性がなくなったことが分かった演歌歌手小林幸子
34回連続NHK紅白歌合戦出場の可能性がなくなったことが分かった演歌歌手小林幸子

 演歌歌手小林幸子(58)の34回連続NHK紅白歌合戦出場の可能性がなくなったことが22日、分かった。今年は個人事務所をめぐる騒動が勃発して、レコード会社との契約も解除。自主レーベルから今月17日に新曲を発売も、29日付オリコン週間ランキングで、初週売り上げが1890枚だったことがこの日、判明した。出場へのいちるの望みだったアピールポイントも不発となり、NHKの出場候補者リストから、名前が消滅した。

 お家騒動が契機となり、話題になった新曲「茨の木」は、オリコン週間チャートの演歌・歌謡部門では2位にランクインした。総合では38位。だが、売り上げ枚数は、1890枚にとどまった。前作「おんな酒場」の初週売り上げ1542枚を上回っているとはいえ、ここまでトラブル続きだった小林の「最後の大勝負」にしてはアピール不足。同時にNHKの紅白出場候補リストからも漏れたことが、関係者への取材で判明した。

 落選理由は、大きく分けて3点あった。まずは、4月に表面化した個人事務所のトラブルだ。30年来を共にしてきた前社長らとの関係を悪化させて、マイナスイメージで世間をにぎわせた。スキャンダルを嫌うNHKとしては、騒動の行く末を見守ってきた形だが、いまだ円満解決に至らなかったことは大きい。

 2点目は、その余波で、日本コロムビアとは契約を解除。自主レーベルで新曲発売にこぎつけたが、ヒットとはいかずに、アピールポイントにならなかった。

 3点目は、ほかの演歌・歌謡歌手の活躍だった。過去何度も紅白に出場していながら、近年は落選していた実力派歌手たちが、今年になって再ブレークしている。07年以来出場のない香西かおり(49)は「酒のやど」が5万枚以上をセールス。10年以上出場のなかった由紀さおり(63)は、米国のジャズ楽団「ピンク・マルティーニ」とのアルバム「1969」が世界中でヒット。トラブル続きだった小林とは対照的に、出場枠を競うライバル歌手たちの勢いをNHK側は重視していた。

 小林は、恒例の巨大衣装も、対決相手の白組美川憲一(66)が一昨年に落選してからは、注目度が低下。アピールポイントが紅組歴代1位の33回連続出場の記録だけでは、さすがに苦しかった。NHKの担当者は、4日の定例会見で選考について「今年の活躍、世論の支持など(を参考に)どんな方に出ていただくか検討しています」と話していた。まだ、ほかの歌手にも正式オファーは出していない状況だが、他の歌手の辞退でもない限り、小林の出場の芽は絶たれた。

 [2012年10月23日7時7分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞