金足農(秋田)を84年夏に全国4強に導いた嶋崎久美元監督(70)は「涙が出るくらい、すごい感動だった」。

 全6戦をすべてアルプス席で観戦し、晴れ晴れとした表情。「日替わりヒーローが出て、毎試合成長した姿を見せてくれた。農業高校として(戦後)初めて決勝に進出したし、秋田だけでなく全国の公立校にも勇気を与えたと思います」と監督、選手らをたたえた。